2012年02月29日

【おはてんグルメブログ3月号】 京町しずく お初天神店

【おはてんグルメブログ3月号】 京町しずく お初天神店
住所:大阪府大阪市北区曽根崎2-13-17 曽根崎渡辺ビル3F
TEL:06-6311-0078
お問合せの際は「おはてんグルメブログ」をみたと言うとスムーズです。
営業時間:ランチ…12:00〜17:00
     月〜土…17:00〜01:00
定休日:無休

京町しずく.jpg


“隠れ家”というと、今やありきたりの言葉になってしまいましたが、まさにそんな言葉がぴったりな店を見つけてしまいました。

全室個室で、プライベートな空間を大事にできる、これぞ隠れ家!

「京町しずく お初天神店」は、京都の町屋をイメージした居酒屋。

京町しずく.jpg



街なかのけん騒から逃れたいとき、秘密の女子会を開催したいとき、見られてはいけない相手と会うとき(?)
……などにぴったりの、心地よい空間です。

京町しずく.jpg
京町しずく.jpg

何人で行っても、ちょうどよい大きさの個室が用意されています。
すべて掘りゴタツで席数は、なんと合計350!! 大人数の宴会でも個室で対応してくれるといいます。
廊下は、何となく祗園あたりの小さな路地を思わせますね。筆者はあまり祗園には縁がないので、あくまでも想像ですが……。



【やみつき塩ダレ胡瓜】409円

高田屋.jpg

では、早速お料理を楽しみましょう。本日も、人気の定番料理を用意していただきました。
これこれ、この塩ダレ、本当にやみつきになるんです。コショウの風味さわやかで食欲をそそり、これから続くお料理への期待感が高まります〜!!


【チーズたっぷりシーザーサラダ】819円

高田屋.jpg

このシーザーサラダには温泉卵が乗っかっています。
お料理のてっぺんに乗った温泉卵や半熟ゆで卵をつぶすのって、楽しいですよね。
まずお箸でツンツンとつついて弾力を確かめ、ぷちんとつぶすんです。黄身がドレッシングに混ざって、とってもまろやかです。
粉チーズとサクサクのクルトン、そしてカリカリベーコンの香ばしさにお箸が進みます。


【手作り地鶏の唐揚げ】609円

高田屋.jpg

みんな大好き、定番の唐揚げです。値段もお手頃。
さあ、これは熱いうちに、レモンをかけて一気に平らげてしまいます。
カリカリジューシーで文句なしでした。


【焼豚しゃぶしゃぶおろしポン酢】409円

高田屋.jpg

焼豚のしゃぶしゃぶでは決してありません。豚のしゃぶしゃぶを焼いたお料理です。
上からたっぷりの大根おろしとネギ、下からはこれまたたっぷりのタマネギ。全体にしみわたったポン酢がよく合います。


【大阪生まれのとん平焼き】504円

高田屋.jpg

お好み焼きやたこ焼きと同様に関西人の血が騒ぐのが、とん平焼き!
とん平焼きも、大阪生まれなのです。
夢コラボレーションのソース&マヨネーズがかけられたふんわり卵の中には豚バラ肉がギュギュっと。
え、京都じゃなかったのって? おいしけりゃそんなの関係ありませんって。


【チーズオムレツ明太子マヨネーズ】504円

高田屋.jpg

明太子のソースは、こんなふうにかわいい(?)ピンク色なので、まるで洋菓子のソースみたいですね。
見た目がかわいいオムレツの中身は、たっぷりチーズです。明太子とチーズも、なかなかのゴールデンコンビ。
かなり食べごたえあるサイズです!


【鶏の釜飯】672円

高田屋.jpg

シメはこれです、釜飯! ここまでたらふく食べたのに、それでも食べたくなるのが釜飯なのです。
「京町しずく お初天神店」では3種類の釜飯があり、一番人気が鶏の釜飯です。


高田屋.jpg

大きな鶏がたくさん入っていて驚きました。
2人で食べても茶碗2杯ずつあるくらいのボリュームでしたが、香ばしいおこげまで全部しっかり胃におさめてきました。ふう。



「京町しずく お初天神店」は、全室ゆったり個室というぜいたくな空間でありながら、
お料理はいずれもリーズナブルなのがうれしいですね。
注文はすべて卓上のタッチパネルから行えるので、注文からお料理がくるまでの時間がとても短いんです。
次の女子会にいかがですか?

本日は、ごちそうさまでした!
posted by おはてんグルメブログ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

北前そば高田屋 お初天神店

【おはてんグルメブログ2月号】 北前そば高田屋 お初天神店
住所:大阪府大阪市北区曽根崎2-8-7 コーストスタジョーネ5F
TEL:06-6311-0078
お問合せの際は「おはてんグルメブログ」をみたと言うとスムーズです。
営業時間:ランチ…11:00〜15:00(L.O.14:30)
     月〜土…17:00〜24:00(L.O.23:20)
定休日:日・祝

高田屋.jpg


「そば屋で酒を呑む」というフレーズに、「くーっ! 粋だなぁ」と感じるようになったのは年のせい?
 いやいや、これは江戸時代から続く日本の食文化。もはやDNAに組み込まれているんです! なんて、ちょっと大げさでしたね(笑)。
いずれにしても、そば屋が提供する料理なら日本人の舌をきっと喜ばせてくれるはず。
というわけで、旨いアテと〆のそばが自慢の居酒屋「高田屋」へ行ってきました。

高田屋.jpg

高田屋.jpg

店内は黒を基調としたモダンな雰囲気。「そばと酒」というと、一見オヤジ好みのジャンルに思えますが、ここなら女性にも喜ばれそう。
カウンター、テーブル席、少人数用の個室から、最大42名までの宴会が可能な個室も用意されています。いろんな使い方ができそうですね。

高田屋.jpg

個室は壁で完全に仕切られていて、お酒を酌み交わしながら会話をじっくり楽しむ“大人の空間”といった風情。
料理が映える効果的な照明使いも印象的です。



【お造りの盛り合わせ(小)】1,134円

高田屋.jpg

さて、料理はというと、そばは〆なので最後のお楽しみ。まずはお酒によく合う、店長おすすめのメニューからいただきます。
ここ「高田屋」では、江戸時代後期に全国各地へ人々が求める品々を届けた廻船問屋・高田屋嘉兵衛の精神を継ぎ、全国から新鮮な食材を取り寄せ、調理しているのだそう。
まず出てきたのは「お造りの盛り合わせ」。
この日は甘エビ、サーモン、ヒラメ、マグロ、寒ブリでした。どれも肉厚でプリップリ! 一つひとつが選りすぐられた食材であることを実感させてくれます。
鹿児島の甘めの醤油も、脂のうまみを際立たせていました。


【あん肝ポン酢】480円

高田屋.jpg

こちらは「あん肝ポン酢」。酒好きにはたまらない一品です。
薬味のねぎともみじおろしはもちろん、大葉の陰に隠れたキュウリと一緒に食べると、これがまたよく合う! シャキシャキとした歯ごたえが、ねっとり濃厚なあん肝と見事なハーモニーを奏で、後味を爽やかにしてくれるんです。ぜひ、お試しあれ。


【桜姫鶏の山賊焼き】819円

高田屋.jpg

桜姫鶏(さくらひめどり)というのは北海道の地鶏。普通の鶏肉に比べてピンク色が濃いことから、この名前が付いたそうです。
甘辛いタレを絡めて鉄板で焼き、山椒を振ってあるので、これまた酒の肴にぴったり。夏なら迷わず「ビール!」と叫びたくなります。
添えられた生キャベツがいい箸休めになって、どのメニューも付け合わせまでよく考えられているんだなーと感心しきり。
いやぁ、食材すべてがいい仕事してます!


【彩々野菜のそばさらだ】788円

高田屋.jpg

女性の圧倒的支持を得て人気No.1サラダに君臨するのは「彩々野菜のそばさらだ」。
たっぷりの野菜の下には温泉卵が隠れていて、その下にあるのは、なんとそば! トングで豪快に混ぜていただきます。
そばをドレッシングで食べるなんて初めての体験です。どんな味なんでしょう?
ワクワクしながら食べてみると……おぉー! 麺が細いせいか、まったく違和感なくサラダに溶け込んでいて、
「もう箸が止まらなーい」ってぐらい、いくらでも入っていきます。
ピリ辛のゴマドレッシングは温泉卵でいい感じにマイルドになり、鴨ロースがほどよいボリューム感をプラスして、これはまさに「完成された一品」。一番人気というのも納得です。


【そば屋のだし巻き玉子】609円

高田屋.jpg

そろそろおなかが膨れてきました。
でも、「これだけは外せない」と密かに狙っていたメニューをもう一品。
「そば屋の」という枕詞が付いて、店名の焼き印まで押されたら、食べないわけにいかないでしょう。
関西のだし巻き玉子は甘くないのが普通ですが、ここのだし巻き玉子はほんのり甘めの味付け。これは、そばつゆのかつおだしを使っているからなんです。砂糖は使っていないので上品な甘さで、生粋の関西人の著者もおいしくいただきました。


【〆せいろ】452円

高田屋.jpg

さぁ、いよいよお待ちかね、〆のそばです。
登場したそばは、つやのある美しい麺に何やら黒いつぶつぶが……実はこれ、黒ごまなんです。二八そばに黒ごまを練り込んだ麺は「高田屋」のオリジナル。毎朝店で打ち、茹でたてを食べさせてくれます。
本枯節(ほんかれぶし)からだしをとったそばつゆに、すりたてのワサビと白ネギを入れて、そばをズズッとすすれば、「あー、日本人でよかったー」と幸せな気持ちに。
コシがあるのにツルンとしたのどごしは、「呑んで、食べたあとでもスッと入るように」という、お店のこだわりとのこと。確かに、おなかいっぱいでもペロリとたいらげちゃいました。
最後にはそば湯まで出てきて、さすが本格的! そばつゆに注ぐとだしの風味がふわっと香りたちます。日本人をホッとさせてくれる味わいですね。


【ぷりん大福】294円

高田屋.jpg

そばでしっかり〆たものの、やっぱりデザートは別腹ってことで(笑)。
このお餅のやわらかさ、思わずニンマリしちゃいます。中にはプリンが入っていて、ちゃんとカラメルまで入っているところが心憎い!
さすがにおなかいっぱいのところに大福は重いだろう、と思いましたが、意外にあっさりしていて、著者のおなかには軽〜くおさまってくれました。

鍋料理もあるので、今度は大勢で来て宴会もいいですね。ごちそうさまでした!
posted by おはてんグルメブログ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。