2009年03月31日

名物元祖とん平焼 本とん平

「おはてんグルメブログ」も5回目となりました。世の中は不景気ですが、お初天神商店街にはいつもと変わらぬ賑わいや活気があります。
今回おうかがいしたお店は、今では日本中ですっかりおなじみのメニュー、とん平焼の元祖「名物元祖とん平焼 本とん平」です。

本とん平.jpg 名物元祖とん平焼 本とん平
 【営業時間】午後12時〜午前1時
 【定休日】無休
 【電 話】06-6311-2395
 【住 所】大阪市北区曽根崎2-13-19
 【H P】http://www.ohatendori.com/459/名物元祖とん平焼 本とん平/

のれんをくぐると、店内は鉄板が敷かれたU字型のカウンターのみ。
時代を超えて歴史を感じさせる雰囲気で、ゆっくりとした時間が流れています。
店内.jpg

店名の通り名物は「とん平焼」。
今ではすっかり日本中の居酒屋の定番メニューですが、このメニューの発祥がこの「本とん平」だって知ってましたか?

 先代のご主人が夫婦で始めて60年、今は娘さんが60年前と変わらぬ味を守っておられます。
メニューは、具材やトッピングによっていくつかのバリエーションがありますが、「とん平焼」「お好み焼き」「焼そば」の3種類のみ。
今回は、名物のとん平焼(チャップ)はもちろん、一緒にお好み焼き(すじ)、焼そば(豚)、焼そば(イカ)も注文しました。

【とん平焼(チャップ)】800円
豚平焼.jpg
この店が発祥のとん平焼は、60年前とレシピも作り方も全く変わっていません。
とん平焼が生まれたきっかけは、創業したご主人が戦争中にロシア軍の捕虜だった時代にさかのぼります。
ロシア人が似たような料理を食べていたのを見て、日本に戻ってから真似て作ったのが始まりなのだそうです。
実は、とん平焼は牛ロース(1500円)もありますがチャップ(豚ロース)の方がおいしい!
 お店の方も牛ロースのとん平焼を注文するお客さまに「安いけど豚肉の方がおいしいですよ」とオススメするぐらいです。
メニュー.jpg
作り方は、とろろが入ったメリケン粉の生地の上に厚めの黒豚ロース肉をドカッと乗せて、ピリ辛のソースをトロリ。
豚ぺい焼.jpg
そして生地で豚肉をサンドする要領で焼き上げて、最後にとん平焼全体をコーティングするように玉子を纏わせて焼き上がり。

フィニッシュにケチャップ、マスタード、マヨネーズ、特製ピリ辛ソースをたっぷり掛けて完成です。

味のポイントとなるマヨネーズと特製ピリ辛ソースは、どちらも自家製。中でも特製ピリ辛ソースは「作り方は絶対教えられへんよ」とおっしゃるぐらい秘伝中の秘伝らしく、作り方も60年前と全く同じ作り方とのこと。
口に入れてしばらくしてから、玉子のまろやかさに包まれながら唐辛子の辛さがやってくる具合はまさに絶妙。クセになる辛さです。
豚ぺい焼2.jpg

【お好み焼き(すじ)】800円
お好み焼き.jpg
“懐かしい昭和の味”というフレーズがピッタリなお好み焼き。
実はすじ肉はメニューには出ていない“裏メニュー”。
まかない用に煮込んだすじ肉を常連のお客さまの注文に応じて出しているんだそう。
ほんのり甘めに煮込んだスジ肉は、噛まなくてもとろける柔らかさ。
お好み焼き2.jpg
お好み焼きはピリ辛ソースではなく、甘めのソースをタップリ掛けていただきます。
お好み焼き3.jpg

【焼そば】(豚)700円、(イカ)800円
焼そば.jpg
オリジナルで製麺所に作ってもらっているという太めの麺。
ケチャップ、ウスターソース、そして秘伝の特製ピリ辛ソースを掛けて混ぜながらよく炒めます。「目つぶってても作れるよ」というすばらしいコテさばきは見ごたえ十分。

ほどよく焦げたソースの香ばしい香りが食欲をそそります。

特製ピリ辛ソースのおかげで、昼間っから「生ビール!」が絶対オススメです。
焼そば2.jpg

今や日本中どこでも食べられるとん平焼の元祖が、大阪のお初天神商店街にあることには驚きました。どこか懐かしさを感じる“昭和の空間”で、「元祖とん平焼」の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

≫名物元祖とん平焼 本とん平はこちら



曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 11:28| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、「日本の山車」にトラックバックありがとうございます。…じつはお店に何度か寄らせていただいているのですよ…笑 懐かしさがこみ上げてきました。まさに「食は大阪にあり!」。
いつかまたふらりとたちよらせていただきます。ご繁栄をお祈りします。
 日本の山車はこちらでも紹介しています。
http://www.go.tvm.ne.jp/~jpn_sansya/
http://hiyou.easy-magic.com/
Posted by 一人閑 at 2009年04月01日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116482013
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。