2011年06月30日

【おはてんグルメブログ7月号】 やきとりの名門 秋吉 梅田店

【おはてんグルメブログ7月号】 やきとりの名門 秋吉 梅田店
住所:大阪市北区曽根崎2-14-14
TEL:0120-7341-50
お問合せの際は「おはてんグルメブログ」をみたと言うとスムーズです。
営業時間:午後5時〜午前0時(ラストオーダーは閉店30分前)
定休日:無休
HP:やきとりの名門 秋吉 梅田店

DSC_0006.jpg
季節に関係なく、つい食べたくなるのが焼き鳥です。

かしこまらず、気軽に、リーズナブルに楽しめるのが魅力
今回は、焼き鳥専門店「秋吉」でおいしい焼き鳥を堪能してきました。

お初天神通りで目を引く赤い看板と赤いのれん
早速、食欲が刺激されます……。

DSC_0015.jpg
福井県を本店とする「秋吉」は、全国に119もの店舗を構えています。
大阪府には、福井県に次いで多い26店舗が展開されています。

1階はカウンター席がメイン。大きな厨房が、すべて座席でぐるりと囲まれています。
カウンターの席数は、なんと52席! 圧巻の光景です。

店員の皆さんの掛け声がとても威勢良くて気持ちいいですね。

カウンターのすぐ向こうでは炭火がパチパチと燃えています
この音に加えて、炭火焼きの香りが、私の食欲にますます揺さぶりをかけてきます……!


DSC_0028.jpg
2階はガラリと雰囲気が変わって、78席の座敷&テーブル席です。
厨房もレジも1階とは完全に分離していて、
客層もファミリー、カップル、団体向け。ビジネスパーソンやおひとりさまの多い1階と、
また違った雰囲気で楽しめそうです。

【キューリ】65円、【キャベツ】155円
DSC_0039.jpg
DSC_0063.jpg
やっぱり食事はバランスよく食べなきゃ、ということで、
はやる気持ちを抑えながら、ちゃんと野菜も注文します。どれも安いんです。

キューリは特製の浅漬け。
塩味がついているのでそのままガブリといきましょう。
キャベツは、写真のように形を崩さずに出てきます。
焼き鳥が焼けるのを待ちながら、ソースでパリパリと楽しみましょう。 


【若どり】395円(タレ・5本)
DSC_0045.jpg
「秋吉」では、一部を除いて串焼きは1品で5本。
これはうれしい!
えっ、5本は多い?
ほかのメニューが食べられない?
いえいえ、食べられるんですこれがいくらでも。
ご安心ください。

【ねぎま】410円(タレ・5本)
DSC_0047.jpg
ネギと鶏肉って、どうしてこんなに合うんでしょうね?
鶏肉のジューシーな脂肪と溶け合って、普段脇役のネギが主役級の存在感に。
あ、でも「ねぎま」っていうくらいだから、
やっぱりネギが主役なのかしら?

【若皮】295円(塩コショー・5本)
DSC_0050.jpg
若どりの皮です。
お好みでマスタードをつけても、なかなかイケます。

【串カツ】390円(5本)
DSC_0053.jpg
DSC_0055.jpg
牛肉の串カツは、特製タレで

ところで、「秋吉」では、
どの席にも保温された鉄板(熱すぎないので安全です)が備え付けられ、
あたたかいメニューはお皿ではなく鉄板の上に出してくれるので、冷めにくいんです。

これもうれしいシステムですね。


【純けい】395円(塩・5本)
DSC_0051.jpg
これが「秋吉」一番人気の「純けい」です。
純けいとは、一定の採卵期間を終えた雌鳥のことで、
柔らかい若どりとは違った独特の歯ごたえがあります。
同店では、純けいの首皮、ぼん尻、もも肉の3部位を使っています。

この歯ごたえが病みつきになるから不思議
うま味も若どりに負けていません。

筆者「熟女のうま味ってことですかね?」

店長「……その通りですね!(苦笑)」

くだらないギャグに乗ってくださってありがとうございました。


【レンコン揚げ】285円(2本)
DSC_0058.jpg
しゃきしゃきしたレンコンはどんな料理にも合います。これも特製ソースで。


【だし巻き玉子】400円(5本)
DSC_0060.jpg
「秋吉」のだし巻きは、こんなふうに串にささっています。
ちょっと珍しい風景ですね! 濃い目のだし味が最高です。


【生ビール】485円
DSC_0069.jpg
お約束の生ビールと一緒に。
こんなふうにお皿を並べると、何だか仕事帰りに一杯ひっかけにきたお父さんの気分になります。

実際、平日は30〜50代のビジネスパーソンが非常に多いそうです。


DSC_0076.jpg
注文の品を並べてみました。なかなかの壮観です。

鶏肉は九州に数カ所ある契約養鶏農家から仕入れた厳選素材
ほかにもいろいろとこだわりがあるようです。

「秋吉」は、季節限定メニューや、コースメニュー、食べ放題メニューを置いていません。
ある程度固定した単品メニューだけで勝負するのが、経営者の方針なのです。
逆に「それができないなら看板を下ろしてしまえ!」くらいの勢いなのだそうです。


「秋吉」に入ると、2人なのに「20名様!」、3人なら「30名様!」
と店員さんたちに不思議な迎えられ方をします。
もしかして、おつり240円を240万円と差し出す、
あの定番の“大阪名物”!? 聞くところによると、
当初、「おひとりさま」のお客さんを「おひとりさま!」と呼ぶと入りづらいだろうから、
わざと「10名様です!」と言うように配慮したことから始まっているそうです。
「20名様!」そんな楽しい迎えられ方、してもらいたくありませんか?


DSC_0078.jpg
おいしい焼き鳥、ごちそうさまでした。また来ま〜す!




【おはてんグルメブログ7月号】 やきとりの名門 秋吉 梅田店
住所:大阪市北区曽根崎2-14-14
TEL:0120-7341-50
お問合せの際は「おはてんグルメブログ」をみたと言うとスムーズです。
営業時間:午後5時〜午前0時(ラストオーダーは閉店30分前)
定休日:無休
HP:やきとりの名門 秋吉 梅田店



【おはてんグルメブログ7月号】 やきとりの名門 秋吉 梅田店
posted by おはてんグルメブログ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。