2011年08月25日

【おはてんグルメブログ9月号

【おはてんグルメブログ9月号】 地鶏ごちそう処 とりひめお初天神店
住所:大阪府大阪市北区曽根崎2-13-18
TEL:06-6363-5445
お問合せの際は「おはてんグルメブログ」をみたと言うとスムーズです。
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:30)
定休日:無休

DSC_0063.jpg
「何となく、今日は鶏の気分……」。
そんなときは(そんなのないって? いや「コケコッコー」と叫びたいってことではなく、
鶏料理を食べたい気分って意味ですよ)、
バラエティ豊かな鶏料理が味わえる「とりひめ」がおすすめ!

 阿波尾鶏、福味鶏、雲仙ひめどりといった良質の地鶏で、お造り、焼き物、揚げ物、串、鍋、
ご飯ものと、鶏づくし。
予想外のオリジナル創作メニューもあって、きっと皆さんファンになります!



DSC_0025.jpg
客席は4階まであり、全部で110席。
宴会シーズンになると4階まで全て埋まって2回転するそうなので、スタッフは大変です。
ほかの「とりひめ」店舗が通常“お客さんの空間を大事にする”ことを重視しているのに対し、
「とりひめ」お初天神店では、“スタッフとお客さんの距離が近い”アットホームな居酒屋を目指しています。
「なじみのお客さんがとても多いのがうちの特徴です」と臺原(だいはら)店長のいう通り、
17時のオープンとともに、常連さんが続々と!


【とりひめ造り盛り合わせ】980円
DSC_0107.jpg
お造りに使われているのは、福岡県産の福味鶏。
右からもも、ささみ、むね肉で、それぞれ薩摩醤油、減塩醤油、ぽん酢をつけて。
ささみのとろけそうな柔らかさは絶品です。いくらでもいけそう。
ももの脂の乗り具合、むねのほど良い歯ごたえ、三者三様に素晴らしい。

DSC_0132.jpg
こんなふうに、3種類の鶏肉に合わせて醤油も3種類。これは、筆者いち押しのささみ造りです。
お造りにはもちろん最高の鮮度の地鶏を使用していますが、20〜30分以内に食べるようスタッフが声がけを
することで、「最も美味しく」+「安全に」味わってもらうことを徹底しています。



【さくさく南蛮揚げ】600円
DSC_0156.jpg
「当店の人気No.1です!」と、人気ホストのようにさっそうと現れたのは「南蛮揚げ」。
瞬時に表面のツブツブに目が釘付け。これ、天かす(揚げ玉)を衣につけて揚げているんです。
甘酸っぱい南蛮酢の香りに鼻腔をくすぐられながら、タルタルソースをつけてガブッといきましょう。
天かすのツブツブが、いい音を出してくれます!
ちなみにこちらも、福味鶏が使われています。


【ぼんじり】150円【つなぎ】200円
DSC_0197.jpg
やっぱり鶏料理は串焼きがないとね! 
串に使用される地鶏は長崎県産の雲仙ひめどり。これはとりひめのブランド鶏なんです。
ぼんじりには骨が付いていますが、軟骨なのでとっても柔らかく食べやすいです。
軟骨という存在すら忘れそう。これには塩味がぴったり。
さて、「つなぎ」とは何でしょう? 「こころ」と「きも」の間にある、管状の器官で、1羽から少ししか
取れない部位です。
タレと独特の食感があいまって、何だか子どものころ
おやつに食べたホルモン焼きを思い出しました。


【こだわり鶏釜めし】750円
DSC_0210.jpg
釜めしという存在は、どうしてこんなに“食べてみたい!”気にさせるんでしょう。
筆者が思うに、秘密はあのハードで堅牢な器にあるのではないかと思うのですよ。
ちょっと想像してみましょうよ。あのいかつい釜の中に、ほかほかと炊かれたご飯と具が詰まっていて、
開けられるのを待っている……。心が高ぶりませんか?

DSC_0237.jpg
だから、釜めしのふたを開ける瞬間は、最高にわくわくするのです。
人生最大のわくわくは、初めての遠足か、釜めしを開ける瞬間か、ってくらいなもんですよ。
脱線してしまいました。さてさて、釜めしの中身は、鶏に加えゴボウ、キノコ類など。うれしかったのは、
味の塩加減が超筆者好み
だったことです。


【とりひめ石焼プリン】550円
DSC_0273.jpg
かなり食べまくりましたが、今回はまだスイーツがあるんです。
アツアツに焼いた石の器に、プリン、バニラアイス、イチゴが載っているのですが、下にあるプリンが
すごい勢いでジュウジュウいってるんです。
セットの自家製キャラメルソースを上からかけると、
これもまたジュウジュウと、とにかく見た目のインパクトが最高! それにいい香り!
熱されたプリンと冷たいバニラアイスのコラボが格別で、味にも大満足でした


DSC_0078.jpgDSC_0295.jpg
「とりひめ」お初天神店だけの試みもいろいろとあります。
ハイボールを注文するとサイコロゲーム(2個振る)ができ、ぞろ目が出たらドリンクやアイスがゲット
できる「ハイボール DE サイコロ」
は、これを目当てにくるお客さんもいるほど人気だそうです。
帰り際にお客さんに引いてもらうこの「おみくじ」もオリジナルの試みの一つ。引いたおみくじは、
表の「みくじ掛」に結んでもらいます。
すぐそこのお初天神さんにあやかって始めたということで、筆者も引いてみました。末吉!

今月(9月)からは、季節メニューが秋バージョンに一新。見逃せないですね。
なじみ客がどんどん増えるのも納得の“料理、サービス、楽しめる空間”でした。
店長さん、スタッフの皆さん、ごちそうさまでした!










posted by おはてんグルメブログ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222307011
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。