2011年02月01日

市場ずし お初天神店 おはてんグルメブログ

DSC_0003.jpg

【市場ずし お初天神店】
住所:大阪市北区曽根崎2-13-21
TEL:06-6364-9040
お問合せの際は「おはてんグルメブログ」をみたと言うとスムーズです。
営業時間 午後12:00〜午前5:00
定休日:無休
お支払い:カード可
HP:市場ずし お初天神店

最近、どこを歩いても回転寿司店が目につきますが、やはり、たまには目の前で板前さんが握ってくれる寿司をほお張りたいもの。
でも財布の中身を考えると…。
そこで今回は、新鮮なネタがお手ごろ価格で味わえる
“無回転寿司”(=本格寿司)の「市場ずし お初天神店」におじゃましました。

DSC_0003.jpg

「こんばんは」と暖簾をくぐると、「へい、いらっしゃいっ!」とカウンターから板前さんが威勢のいい声で迎えてくれます。
店内にはこぶしの効いた演歌が流れ、壁には達筆な墨字で書かれたお品書き。
どこか懐かしい、気取らない雰囲気に「ほっ」とさせられます。

DSC_0065.jpg

カウンターのネタケースには、鮮やかな赤身のマグロ艶を帯びたオレンジ色のサーモン透明に透き通ったイカ
何層にも巻かれた黄金色のタマゴなど色とりどりのネタがズラリ!まさに“ 食材の宝石箱”やぁ〜!!

DSC_0065.jpg

「にぎり!」といきたいところですが、目の前の鮮魚に惹かれ、まずは「お造り盛り合わせ」を。

DSC_0044.jpg

「お造り盛り合わせ」(1800円)
今が旬のハマチは、口の中でまるでとろけるよう。
脂のまろやかさが舌の上に広がります。
タイは噛むほどにほんのりとした甘みが。
鮮度の良さの賜物です。
イクラとイカは一緒にいただきます。
食感と味わいがまったく異なる二つの食材が見事に調和します。
いずれも海の恵みをいっぱい受けた、活きのいい魚介ばかり!

「店に入ってくる魚はどれも身がしまっていて、驚くほど弾力があるんです。
包丁でさばきながら『今日も鮮度抜群やなぁ』と実感しています」と板前さん。
市場ずしは、現在、キタとミナミを中心に合計9店舗を構えています。
鮮魚は、茨木市にある「大阪府中央卸売市場」から仕入れていて、事務所はその卸売市場内にあるとか。

一般的に寿司職人の世界は、「飯炊き3年、握り8年」と言われているように、一人前になるには長い修業を経なければならない厳しい世界。
お初天神店の板前さんは、この道30年以上のベテランばかり。

「うちはネタに自信があるから、ネタの旨みを存分に味わってもらえるよう、酢飯の風味を極力抑えています。
また場所柄、仕事帰りのサラリーマンのお客さんが多いので、お腹いっぱいになってもらえるよう、
ちょっと大きめに握っているんです」。

さすが寿司職人だけあって、見事にお客さんのハートも握っています。

それでは本日のメイン、「特上にぎり」お願いします!ついでに「赤出汁」も!

<DSC_0039.jpg


「特上にぎり」(1680円)
「はぃっ、お待ち!」と差し出された大きな皿には、アワビ、トロ、ウニ、タイ、イカ、エビ、アナゴ、数の子の計8貫。
どのネタも大きいシャリを覆い尽くすほどのボリューム!もちろん、一貫を一口では食べきれません。
しかも、これだけ豪華なネタが揃って1680円とは!ほかの無回転寿司で、この金額は、なかなかお目にかかれません。
これら主役級のネタが、この価格で提供できるのは全店舗分を一括で仕入れているからこそ。
大量購入することで、活きのいい高価な魚介を安価に仕入れられるというわけ。
またお客さんに惜しげもなくネタを振舞うので売れ残りもなく、
常に鮮度がいいネタがショーケースに並びます。
まさに「安い!」「旨い!」「ネタが大きい!」3拍子揃ったサラリーマンの強〜い味方。「あっぱれ!」です。

DSC_0048.jpg

「赤だしあさり大盛」(390円)
続いて出てきた赤だしのサイズに、さらにビックリ!
直径20p以上あるかという大きさのお椀に、
大ぶりのアサリがどっさり!アサリの身から出る旨みが、赤味噌に馴染み、深い味わいをもたらします。
魚介エキスと酢でいっぱいになった口の中を潤してくれる、まさに、にぎり寿司のベストパートナーです。

最後は趣向を変えて「鴨ロース」と「マグロほほ肉」を注文。

DSC_0034.jpg

鴨ロース」(2貫 380円) 「マグロほほ肉」(2貫 500円)

玉ネギと共にじっくり煮込むことで鴨肉は独特の臭みが消え、旨みに上品な甘さが加わり、酢飯とよく合います。
マグロのほほ肉は、脂が乗ってとてもジューシー!コクがあって、魚というよりはまるで牛肉のよう
一匹から僅かにしかとれない希少部位なだけに、ぜひ一度試してみてください!
鮮魚だけでなく、市場ずしの調理のクオリティの高さが伺えるメニューです。


正午に開店後、明け方5時まで営業している「市場ずし お初天神店」
オフィスで働くサラリーマンだけでなく、界隈の飲食店で働く人にとっても、仕事終わりに一息つけるユートピア的な存在です。
また、はしご酒の最後の店として、長時間話し込む馴染みのサラリーマンも多いとか。
「たまには、お客さんの話し相手になることもありますよ。
会社では、いろいろと気苦労があるようですね。
こちらは黙って聞いているだけですが、
日ごろため込んだ思いを吐き出すと少し気が楽になるのか、皆さんスキッリした顔つきになって帰ってゆきます」と板前さん。
もはや、お客にとっての癒しの場となっている「市場ずし お初天神店」。
ネタのいい寿司だけでなく、板前さんの何気ない配慮も魅力の一つと言えそうです。

ごちそうさまでした−。


DSC_0003.jpg

【市場ずし お初天神店】
住所:大阪市北区曽根崎2-13-21
TEL:06-6364-9040
お問合せの際は「おはてんグルメブログ」をみたと言うとスムーズです。
営業時間 午後12:00〜午前5:00
定休日:無休
お支払い:カード可
HP:市場ずし お初天神店



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑にほんブログ村に参加しています、おはてんグルメブログをお楽しみいただけた方は1回クリックにご協力お願いしますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!おはてんグルメブログをお楽しみ頂けた方は1回クリックにご協力お願いしますexclamation×2




posted by おはてんグルメブログ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

旬鮮酒場 天狗 大阪曽根崎店

天狗店舗外観
【旬鮮酒場 天狗 大阪曽根崎店】
住所:大阪市北区曽根崎2-14-17 四海楼ビル2F
TEL:06-6363-2767
お問合せの際は「おはてんグルメブログ」をみたと言うとスムーズです。
営業時間 午後5時〜午後11時半(ラストオーダーは午後11時)
定休日:無休


ようやく涼しい風が吹きはじめた大阪のキタエリア。
まもなく到来するぐ秋を感じさせる風はなんとも心地よいもんですね。
曽根崎お初天神通り商店街のおいしい店を毎月ご紹介するこの「おはてんグルメブログ」も、一足早く「食欲の秋」を楽しんでいただきますよ!

 そこで今月ご紹介させていただくのは『旬鮮酒場 天狗 大阪曽根崎店』です。
あの居酒屋チェーン『天狗』を展開する会社の直営店というから期待も高まります。店内にはたくさんののぼりが掲げられ、100人以上は入れる店内は拾いの一言です!
天狗店内

今回は、とにかくいろいろ食べようということで、
「サンマの生姜煮」
「真あじの刺身」
「天然真鯛の刺身」
「やりいかの刺身」
「松茸の土瓶蒸し」
「さんまの塩焼き」
「さんまの姿造り」
「旬の握り寿司」
「やりいかの天ぷら」
「肉豆腐」
「サイコロステーキ」
「だし巻き玉子」

と大量12品をオーダー。
どれだけ食欲の秋を実践しとるねん……という話ですが、とにかく食べまくる覚悟をしていざ出陣!

【さんまの生姜煮】504円
さんまの生姜煮
こちらのさんま、九州・福岡から直送されてきた新鮮なさんまを使用。箸ですぐに身が骨から外れるほど柔らかく、甘辛い味付けにビールがどんどん進みます。

【真あじの刺身&天然真鯛の刺身】各399円
真あじの刺身&天然真鯛の刺身.jpg
こちらも九州・福岡から直送された真あじと天然真鯛をいただきます。この魚、昨日の夜に漁に出た漁船が獲って、朝水揚げされたものですから超新鮮!

刺身

(゚Д゚)ノ ウマイー!
この歯ごたえ抜群の食感がなんともタマラン!
 今日の朝、福岡で水揚げされたばかりですから、生臭さなんて一切ありません。
むしろ潮の香りがするほど。これは居酒屋で出すレベルを超えてるなぁ。

【松茸の土瓶蒸し】399円
土瓶蒸し
土瓶蒸し399円ですかーーー!!!
 聞いてみたらやはり松茸は中国産だそう。
でも、結構な量が入ってます。ほぼ1本かな。
すだちを絞ってダシを飲むと……
(゚Д゚)ノ ウマイー!(゚Д゚)ノ ウマイー!

良いダシ出てますなぁ。
しかも一口飲んだらノドの奥から松茸の香りが鼻にきちんと抜けますわ。松茸もシャキシャキしてうまい。決してペロンペロンとちゃいますよー!

【やりいかの刺身】609円
やりいかの刺身
見てください、このボリューム!
ほとんど1本分のやりいかを贅沢に使った刺身です。
もちろんこれも九州・福岡から今日届いた新鮮なイカ。
てっさのようにガガーッと贅沢にたくさん取ってしょうゆへ……。

やりいかの刺身
(゚Д゚)ノ ウマイー!
この身の柔らかさと甘さはさすが天然物ですね。
これはもう相当おいしいよ。
天狗では、冷凍食品を一切使っておらず、仕込みも全部お店でその日にやっているのだそう。だから、いかもこんなに柔らかいのね。

【さんまの塩焼き】399円
さんまの塩焼き
こちらも、刺身で食べられるさんまを塩焼きに。今年はさんまが不漁と聞くので貴重な秋の味覚です。身も厚くてうまいです!ここでなにやら登場してきました……。

日本酒
おっと、日本酒ですか!これはさんまに合いすぎでしょ(笑)!
一口飲むと、(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!

「いよよ華やぐ」(504円)は、山形の淡麗辛口の日本酒。蔵出しの生々酒だけにキンキンに冷やして味わって!
さんまの身のうま味やわたの苦みと、この「いよよ華やぐ」の味わいが絶妙にマッチしてグイグイ飲んじゃいますよ。

【さんまの姿造り】504円
さんまの姿造り

基本的に背が青い魚はみんなそうなんですが、特にさんまは新鮮じゃないと姿造りで食べるのはかなり難しい。ってことでかなり鮮度に自信ありなんですって。
身の歯ごたえはもちろんですが、とにかく「ウマイ!」の一言に尽きます。これぞ、『天狗』じゃないと食べられない一品ですね。

【やりいかの天ぷら】609円
やりいかの天ぷら
(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!

今回の『天狗』さん取材で、私が最も気に入ったのがこれ!
 私もいろいろな店を取材しますが、これほど柔らかくて甘いいかの天ぷらに出会ったのは始めてです。
天つゆよりも塩でいただくのがオススメ。天ぷらの衣のしゃきっとした歯ごたえが、やりいかの柔らかさをさらに実感させてくれます。
また、塩がやりいかの甘みも引き立ててくれますから、絶対に塩で食べるのが正解です!

【肉豆腐】336円
お、魚以外のメニューが出てきたと思ったら肉豆腐。実はこの肉豆腐、『天狗』創業時から40年変わらない伝統の一品なのだとか。
もちろん味付けも当時のまま。では早速いただいてみましょう。
肉豆腐
(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!
おー、これはあっさり。牛肉と味噌ベースの出汁がなんともイイ感じ。
実は豆腐も自家製だそうで、プルンプルンの食感と味噌に負けないうま味は、さすが自家製ですね。もちろん毎日その日食べる分を仕込んでいるのだそう。
スープ系なのに、お酒にも合うこの不思議。ぜひ一度ご賞味あれ。

【特選サイコロステーキ】398円
特選サイコロステーキ
(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!
これは、あっさり! しょうゆベースのタレと大根おろしのバランスが絶妙で、肉も柔らかいです! しかもガーリックがバッチリ効いて、お酒が進みますわー、なんて言ってるとビールキター(゚Д゚)

ビール
その名もビア・ブラウンでジョッキで504円。
実はこのビール、『天狗』オリジナルのスーパープレミアム生ビールなのだそう。
その名の通りビールの色がブラウンで、実は少しだけ泡もブラウンがかっているのだ。味わいはコクがしっかりした飲み応えがある感じ。

【だし巻き玉子】294円
だし巻き
次の一品は、居酒屋の定番メニュー、だし巻き玉子。もちろん、完全手作りで注文を受けてから作ってくれます。食べる前にパカッと割って食べてみると……

だし巻き
(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!
見えますか?ちゃんと玉子が層状になっているのを。
しっかりと手作りで作っているので、出汁のうま味がじゅわーっと出てきて、程よい硬さ。大根おろしにしょうゆを少しだけ掛けて、だし巻きにたっぷり乗せていただいて!

【旬の握り寿司】399円
旬の握り寿司
(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!
シメの一品はやはりご飯もの。でも、あくまで旬にこだわって握り寿司に。本日の旬の握りはいか、アジ、鯛の3種類。
どれも新鮮なネタだから、そこら辺の回転寿司には負けないおいしさです。

居酒屋チェーンである『天狗』が、冷凍食品を使わずにできるだけお店でその日に食材を仕込でいると聞いて驚きました。やはり「居酒屋チェーンは冷凍食品が多い」という先入観があるようで、この話をすると多くのお客様が驚かれるそうです。「天狗」が40年続く秘密は、そういった手作りの仕事を忘れないところにあるのかもしれません。
お客様も違いのわかるサラリーマンの方が多いそうで、ピークは21時頃ということですから、結構働き盛りで味覚が肥えた人が多いようです。

おいしいものが低価格で食べられる『旬鮮酒場 天狗 大阪曽根崎店』へ、ぜひ一度足を運んでみてくださいね!

天狗店舗外観
【旬鮮酒場 天狗 大阪曽根崎店 】
住所:大阪市北区曽根崎2-14-17 四海楼ビル2F
TEL:06-6363-2767
お問合せの際は「おはてんグルメブログ」をみたと言うとスムーズです。
営業時間 午後5時〜午後11時半(ラストオーダーは午後11時)
定休日:無休

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑にほんブログ村に参加しています、おはてんグルメブログをお楽しみいただけた方は1回クリックにご協力お願いしますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!おはてんグルメブログをお楽しみ頂けた方は1回クリックにご協力お願いしますexclamation×2

真鯛
ラベル:居酒屋 梅田 大阪
posted by おはてんグルメブログ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

ダーツ&ダイビング Cafe&Bar海

カフェ&バー「海」カウンター
【cafe&bar海】
住所:大阪府大阪市北区曽根崎2-16-22ジャスミン曽根崎ビル4F
TEL:06-6363-2767
お問合せの際は「おはてんグルメブログ」をみたと言うとスムーズです。
営業時間 18:00〜翌5:00
定休日:無休

今すぐクーポンを見たい方はこちら
ブログクーポン

真夏日が続きますが、もうすぐ涼しい秋がやってこようとしています。お初天神商店街のうまいものを紹介する『お初天神グルメブログ』は、今月もウマイ店、紹介しますよ!今回おうかがいした『ダーツ&ダイビング Cafe&Bar 海』は、店名にもあるダーツとダイビング好きが集まるお店。エレベーターを4階まで上がる現れる店内には、ダーツマシンが2台並んでいます。
ダーツ

『ダーツ&ダイビング Cafe&Bar 海』は、ダーツとダイビング好きが集まるお店で、夜な夜なダーツ好きが集まってプレイしているそうです。でも、料理も実はすごいんです。フレンチのお店で2年間修行したシェフが、しっかり作っているんです。

今回は、数ある人気メニューの中から「ケチャップ&マヨネーズのチーズオムライス」「ミニサラダ」「海の幸のトマトソースパスタ」「サルサソースのピリ辛ピッツァ」を注文。僕たちはダーツそっちのけでガンガン食べますよ〜。

【ケチャップ&マヨネーズのチーズオムライス】800円
バターライスのオムライス

一見、ケチャップとマヨネーズが掛かったごく普通のオムライス。しかも、男性でもこの一品があれば十分というほどのボリューム感。そして、もう一つ驚かさせるのは、一口食べようと、スプーンを入れた時。あなたも「」と思うはず。
オムライス
(゚Д゚)ノ ウマイー!
しかもご飯が白いのだ! 普通オムライスはケチャップライスで「赤い」のが普通。実はバターライスでコックはそのままに少しだけあっさり目に仕上げてあるのだ。
それとチーズとの相性も抜群。このチーズもモッツアレラチーズとゴルゴンゾーラチーズの2種類を使用して、濃厚なコクとチーズそのもののおいしさをググッとアップさせてますわ!

【ミニサラダ】500円
ミニサラダ

実は、普通サイズのサラダはこの店には存在しないんだそう。
あまりにも量が多すぎてお客さんから、「サラダだけを食べることはないから付け合わせぐらいのサイズを作って欲しい」という要望から生まれたのが、このミニサラダ。
その後、普通サイズのサラダのオーダーは減少し、いつの間にかミニサラダだけがメニューに記載されるようになったのだそう。
ダーツの合間のひと休みで野菜をしっかり食べれば、次のゲームの集中力も向上すること間違いなし!?

【海の幸のトマトソースパスタ】1,000円
次なる一品は、スタンダードなトマトソースのパスタです。
海の幸のトマトソースパスタ
やっぱりスゴイぞボリューム感。シェフに聞いてみると、やはりお客さんは男性が多く、ダーツを楽しみにやってくるお客様が多いのだそう。
食事は、居酒屋っぽく何品もオーダーして食べるよりも、しっかりした一皿を食べる方が注文しやすいというのを配慮しているのだそう。
では、早速いただきます!
海の幸のトマトソースパスタ2
(゚Д゚)ノ ウマイー!
大きなイカとエビのシーフードの旨みがしっかり出てますやん。これはウマイ!こちらもトマトソースにトマトケチャップを少しだけ加えて2/3まで煮詰めたパスタソースの濃厚な旨みは、さすがフレンチで修行したスタッフが作るだけあります。絶品です!

【サルサソースのピリ辛ピッツァ】900円
サルサソースのピリ辛ピッツァ
そして、最後はお店でもかなりの人気というピッツァの登場です。
ピザ

一口パクつくと、(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!
このピッツァ、生地は料理スタッフが15種類近くのピザ生地を取り寄せた中から選んだというこだわりの素材なのだ。カリカリとしていながら、生地の味がしっかりするこの生地は、かなりおいしい。
具材はベーコンとサラミとシンプルなだけに、チーズとのバランスにも気を遣っています。チーズの塩味と具材の塩味、そして生地の塩味が、絶妙のバランスでお互いを引き立てあう関係が成立しています。
これはお酒との相性も抜群ですわ!

カクテルは550円〜でオリジナルカクテルも数多く用意。生ビール500円、泡盛600円など、各種アルコールも充実しているので、ダーツやダイビングに興味がなくても、お酒が好きなら十分楽しめるお店ですわ。
また、ダーツはスタッフが丁寧に教えてくれるので、未経験の人も安心して始めることができるのだそう。もちろん、初心者向けのグッズもしっかりあります。

また、毎週金曜日や土曜日には、ダーツやダイビングに興味があるmixiユーザーが集まって、ワイワイ飲むイベントも開催中だそう。

今回もオーナーさんのご好意で、お得なクーポンをスタンバイ。
ブログクーポン
しかも今回は、スタッフにダーツで勝てばぜーんぶ半額というビッグチャンス!勝てなくても10%オフだから、腕に自信がある人もない人も、気軽に挑んでみてね。


カフェ&バー「海」
【Cafe&Bar海】
住所:大阪府大阪市北区曽根崎2-16-22ジャスミン曽根崎ビル4F
TEL:06-6363-2767
営業時間 18:00〜翌5:00
定休日:無休

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑にほんブログ村に参加しています、おはてんグルメブログをお楽しみいただけた方は1回クリックにご協力お願いしますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!おはてんグルメブログをお楽しみ頂けた方は1回クリックにご協力お願いしますexclamation×2


posted by おはてんグルメブログ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

鶏鳥kitchenゆう梅田お初天神店

自信満々のつくね
【鶏鳥kitchenゆう梅田お初天神店】
住所:大阪市北区曽根崎2−7−12松浦レジャービルB1
TEL:06-6362-0102
営業時間 17:00〜1:00(L.O.24:30)
定休日:不定休(年始休)

今すぐクーポンを見たい方はこちら
鶏鳥kitchenゆう クーポン

いよいよ真夏日が増えてきましたね。背広姿で歩くサラリーマンも少しバテ気味の方がおられるようです。今月も『お初天神グルメブログ』では、元気にお初天神のうまいものをご紹介しますよ! 今月ご紹介するのは、夏バテも吹き飛ばす元気なお店。今回ご紹介する『鶏鳥Kitchenゆう 梅田お初天神店』です。階段を降りて扉を開けると、カウンターとテーブル席を会わせて22席のスペースを備えた店内が広がります。
テーブル席

本日は、鶏が主役のお店。鶏肉はもちろん鶏ガラまで、鶏のすべてを生かしたメニューがズラリと並びます。あー、メニュー見ているだけでヨダレが……。今回は、「ダチョウのタタキ」「串焼き8種コース」「自信満々のつくね」「鶏がらスープで出し巻き」「鶏がららーめん」を注文。お腹ペコペコなので、がっつりいきますよー!

【だちょうのタタキ】787円
ダチョウのタタキ

最初からなかなかパンチのあるメニューが登場。なんとダチョウの肉が登場です。あの走るのが速いダチョウですよ。
ちょっと食べるのを躊躇しそうですが、実は低カロリー、低脂肪、低コレステロールなのに、高タンパクで鉄分豊富なので、ダイエット中の人や女性にぴったりのお肉なのです。
たっぷりのネギやタマネギと一緒に召し上がれ!
ダチョウのたたき
(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!
柔らかくて臭みが一切無いのに驚き!
さらに鳥の肉なのに赤身なのが珍しいですね。最近はこのダチョウ肉が美容食として大注目されているらしいです。
これは牛肉のたたきみたいだわ、確かに。

【串焼き8種コース】1,260円
串焼き8種コース塩
次なる一品となる「串焼き8種コース」、実は串の種類がその日によって変化するという“おまかせメニュー”なのですよ。
注文時、スタッフが食べられないものや嫌いな食べ物を聞いてくれるので、それに合わせて串の種類をセレクトしてくれるのだそう。
この日は、ささみの梅しそ、せせり、こころ、ずりという塩モノ4種に加えて、上肝、背肝、ねぎま、つなぎ(心臓と肝臓をつなぐ血管部分)というタレモノ4種です。
串焼き8種コースタレ
(゚Д゚)ノ ウマイー!
タレも塩も焼き加減が絶妙です。特につなぎと呼ばれる串は、歯ごたえが抜群!しかも脂がしっかりのってジューシーなんです!これはウマイわ。
ささみもこの柔らかさで焼き上げるのはなかなか至難の技。焼きの技術もなかなか冴えてます。

【自信満々のつくね】500円
次の一品は、お店で一番人気のメニュー。登場すると、その姿にびっくり!
つくね

これはデカイ! しかも、つくねというと串に刺さっているもんなのですが、これは串に刺さってない。しかも生卵がデン!と。
何なんだ、この存在感は……。

で、早速食べてみる。

つくね

(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!
このトロトロ具合とやさしい甘みがやみつきになるわ〜!
スタッフの方に尋ねると「大量のタマネギが入っているからですね。しかもその玉ねぎはみじん切りにして、アメ色になるまでじっくり炒めています」とのこと。この甘さは玉ねぎの甘みだったのか。しかも、生卵に絡めるとさらにまろやかさがアップ! さらに、串に刺さっていないのは、串に刺せないぐらい柔らかすぎるからというだけに口の中に鶏のうま味が広がります。
初めて来店した人がこのつくねを食べたくなって、再来店されることも多いのだそう。さすがにメニュー名に「自信満々の」と付けるだけあります。圧巻です。

【鶏がらスープで出し巻き】525円
そして、お次はもうひとつのお店の人気メニューの登場です。
だし巻き
食べると(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!
この出し巻き、見かけは普通だけど、ちょっとスゴイ。いや、すごくスゴイ(笑)
まずその柔らかさ。舌の上で溶けてなくなる感じなのです。これは自家製鶏がらスープがたっぷり入っているから。
しかも、そのおかげで焼き方が非常に特殊。出し巻きなので、その名の通り卵を薄く焼いて巻きながら作るんだけど、その際には箸を一切使わないで中華鍋みたいに鍋を振って卵を巻くのだそう。これができるまでに数ヶ月の練習が必要なのだとか。中にはカウンターに陣取って、スタッフが卵焼きを焼く様子をじーっと眺めるお客様もいるのだそう。

出し巻き
見てください、この断面。薄い層がミルフィーユのように重なっているのが少しだけわかります。これがテクニックの証。
実はもうひとつ出し巻きには秘密があるのです。それは出し巻きの周囲にかかっているタレ。実はこれ、別のお店で出している手羽煮の煮汁を使っているのだそう。この煮汁の甘さと鶏がらスープの出し巻きの塩加減のバランスが絶妙なので使っているそう。こうした微妙な味のバランスを大切にしているのが素晴らしいです。

【鶏がららーめん】630円
らーめん
居酒屋のシメはやっぱりラーメンですよね! しかもラーメン屋に行かなくても居酒屋でうまいラーメンが食べられるなら最高じゃないですか!
10年前の創業時から名物の鶏がらスープをふんだんに使っているのが、このラーメンの特長。実際に運ばれてくる時は、鶏がら出しのスープの良い香りがします。
では、早速いただきましょう。

らーめん

(゚Д゚)ノ ウマイー! (゚Д゚)ノ ウマイー!
そう、麺が違う! 実はこの麺、小麦の殻も一緒に粉にした全粒粉を使用しているのです。だから栄養分もたっぷりですし、なにより麺の香りが素晴らしい。
もちろん自家製のオリジナルレシピで作られています。鶏がらスープと絶品麺、そしてチャーシューと白菜などの野菜、さらにはお店ご自慢のつくねもトッピングされているじゃないですか! これはウマイです。ラーメン屋に移動する必要はないですね。

アルコールは、焼酎や梅酒のラインアップを充実させているそうです。やはり女性は梅酒が人気のようです。
梅酒
梅酒王(892円)、紅南高(945円)など希少梅酒もスタンバイ。焼酎も知り合いの生産者にオリジナルの度数を用意してもらうなどかなりのこだわりぶり。
お酒
お料理のおいしさを引き立てるお酒にも、きちんと気配りをされていると感じました。
スタッフも明るくて元気な方ばかりで、スタッフの方と話すのが楽しみで来られるお客さんも結構多いとか。また、女性の一人客が結構来られるというのを聞いて納得です。
楽しくておいしい、最高のごちそうですね!

今回も店長さんのご好意で、お得なクーポンをご用意してもらいました。
しかも今回は、お店のご希望でかなり趣向を凝らしたクーポンになっています!
入店時にブログを見た!と言っていただければくじ引きでお店が用意した数々のクーポンが貴方をお待ちしています♪
きっちんゆう
ぜひ『鶏鳥Kitchenゆう 梅田お初天神店』に足を運んでくださいね!

テーブル席
【鶏鳥kitchenゆうお初天神店】
住所:大阪市北区曽根崎2−7−12松浦レジャービルB1
TEL:06-6362-0102
営業時間 17:00〜1:00(L.O.24:30)
定休日:不定休(年始休)

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑にほんブログ村に参加しています、おはてんグルメブログをお楽しみいただけた方は1回クリックにご協力お願いしますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!おはてんグルメブログをお楽しみ頂けた方は1回クリックにご協力お願いしますexclamation×2

posted by おはてんグルメブログ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

よってこ家 お初天神店

よってこ家お初天神店 【よってこ家お初天神店】 住所:大阪府大阪市北区曽根崎2−11−22 TEL:06-6313-1194 営業時間:日〜木・祝  17:00〜翌3:00(LO.翌2:30) 金・土・祝前 17:00〜翌5:00(LO.翌4:00) 定休日:なし 今すぐクーポンを見たい方はこちら よってこ家ブログクーポン 暑い日が増えてきた6月の下旬。今月も『お初天神グルメブログ』では、お初天神商店街に並ぶ数あるお店の中から、グルメの名店をご紹介させていただきます。 よってこ家店内 今回の取材先は『よってこ家 お初天神店』さん。階段を上がって扉を開けると、シックな雰囲気の店内が広がります。 本日は、炭焼きや串焼きがメインでありながら、それ以外のメニューも居酒屋並みに充実していました。そこで「とりわさ」「豚巻串盛り合わせ」「葵地鶏ジュージュー焼き」。さらに、「おまかせ焼き物盛り合わせ(5本)」を注文することに。 とりわさ 【とりわさ】578円 『よってこ家』では、基本的に朝挽き地鶏を使用しているという。それだけに生でも食べられるほど新鮮。 「とりわさ」と聞くと、鶏の刺身をイメージするけどここのは違う。新鮮な地鶏のささみをほんの10秒程度湯引きをしてわざび醤油と和えてから供されるのがポイント。この時間が長すぎると鶏肉が固くなってしまうそうです。 早速いただいてみることに。 とりわさ これは……(゚Д゚)ノ ウマイー! ささみの食感とわざび醤油のさっぱり感の相性が絶妙にマッチングしてます!付け合わせのタマネギと一緒に食べることを忘れずに!味わいの幅が広がります。 それにしてもビールがすすみますねぇ。幸先の良い一品だ。 【豚巻串盛り合わせ(3本)】473円 次なる一皿は、鹿児島直送の黒豚を使用した串焼。鹿児島の黒豚はサツマイモを食べて育っているそうで、そのせいで肉質も柔らかくて脂も甘くなるのだそう。また、豚肉はコレステロールを下げる効果があることも手伝って、女性に大人気のメニューなのだとか。 豚巻串盛り合わせ(3本) しかも、薄い黒豚肉で野菜を巻くという、女性の心をがっちりつかむ組み合わせ。これは最強だわ。 ではまずはこちらのナスからいただいてみると…… 豚巻串盛り合わせ(3本)ナス これは(゚Д゚)ノ ウマイー! トッピングの田楽味噌の甘みとナスの食感やうま味、豚肉の甘い脂がナスに染み込んでこれは絶品です! 続いてししとうへ…… 豚巻串盛り合わせ(3本)ししとう これまた(゚Д゚)ノ ウマイー! ししとうは全く辛みがなくて、おろしポン酢でさっぱりと仕上げられてます。いくらでも食べられそう! ささ、最後はしいたけです。 豚巻串盛り合わせ(3本)しいたけ またまた(゚Д゚)ノ ウマイー! 揚げ物にとって、マヨネーズのトッピングは最強の相棒なんでしょうね。椎茸のうま味と豚肉の脂のうま味がマヨネーズで見事に一体化していました。これはうまい! 【葵地鶏ジュージュー焼き】630円 次の一品をお願いすると、ジュージューと食欲をそそる音を鳴らし続ける鉄板が運ばれてきました。 葵地鶏ジュージュー焼き メニューの名前にも登場する“葵地鶏”というのが気になります。店長さんに聞いてみると、大阪で生まれて和歌山で育った地鶏だそうで、肉の甘みと柔らかさが素晴らしいのだそう。もちろん、生でも食べられるほど新鮮なお肉だけを使用しているとのこと。 このジュージュー焼きではそんな葵地鶏のささみ、ずり、もも肉の3種類の部位が楽しめます。 葵地鶏ジュージュー焼き 中でも一番のおすすめがもも肉です。黒コショウがたっぷりと振り掛けられており、そのスパイシーさと、もも肉の甘みがなんとも(゚Д゚)ノ ウマイー! ビールがグングン進むおいしさです! 【おまかせ焼物盛り合わせ(5本)】683円 最後の一品は、お店のメインアイテム、串焼きですぞ。 おまかせ焼物盛り合わせ(5本)おまかせ”というだけに出てくる串焼きは、その日の仕入れにあわせて毎日異なるそうです。また、2人同時に頼んだ場合は、一人ずつ串の内容を変えてくれたりと細やかな対応もしてくれるそうなので、カップルには嬉しいメニュー。この日の“おまかせ”内容は、アスパラベーコン、こころ(心臓)、ズリ(黒コショウ)、とろけるつくね、はさみ(ねぎ間)の5本。 中でもおすすめはとろけるつくね! おまかせ焼物盛り合わせ(5本)つくね.jpg つくねにトロトロチーズが乗っかって(゚Д゚)ノ 超ウマイー! 柔らかくてジューシーなつくねからあふれる肉汁とチーズのハーモニーが最高!串焼の概念が変わるかもしれない一品です! これだけの食事メニューがあるのだから、当然お酒の方もかなり充実しています。焼酎や日本酒、梅酒などが30種類以上揃っています。最近は女性の日本酒ブームがかなり来ているようで、日本酒をぐいぐい飲む若い女性がたくさん来られるとか。 メインのお客さんは30歳代のサラリーマンが多いそうですが、若い女性もなかなか幅を効かせているようですよ。 その証拠にデザートも「わらびdeきなこアイス」473円や「さつま芋ハニーバター」399円など個性的なスイーツが充実しています。 また、焼き物は全種類テイクアウト可能だそうで、飲んだ帰りのサラリーマンたちに人気です。 さらに、7月29日は“ニクの日”イベントとしてせせり、はさみ、つくねの3本セットをなんと129円で提供するそうですから、これは行くしかないですね!今から予定表に書き込んでおいた方が良いかも。 今回も店長さんのご好意で、お得なクーポンをご用意してもらいました。 よってこ家ブログクーポン ぜひクーポンを持って『よってこ家 お初天神店』に足を運んでくださいね!
よってこ家お初天神店 【よってこ家お初天神店】 住所:大阪府大阪市北区曽根崎2−11−22 TEL:06-6313-1194 営業時間:日〜木・祝  17:00〜翌3:00(LO.翌2:30) 金・土・祝前 17:00〜翌5:00(LO.翌4:00) 定休日:なし にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!1日1回クリックにご協力お願いしますexclamation×2 人気ブログランキングへ ↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるために1日1クリックご協力お願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

九州らーめん亀王梅田総本店

亀王ラーメン

いよいよ夏が近づいてきましたね。お初天神商店街の名店を毎月ご紹介させていただくこのブログ。
今回は、ラーメン激戦区といわれるお初天神商店街に本店を持つ『九州らーめん亀王 梅田総本店』を取材させていただきました。
L字型のカウンターにはシンプルなイスが並ぶ、いかにもラーメン屋といった雰囲気です。
お客さんの層も多彩で、昼はサラリーマンが多いですが、夜には女性客がグッと増えるんだとか。もちろん、終電間際はかなりの混雑になるのだそう。
ラーメン亀王梅田総本店
【九州ラーメン亀王】
住所:大阪市北区曽根崎2-13-18
営業時間:午前11時〜午前4時半
定休日:無休
HP:九州ラーメン亀王梅田総本店

本日は、ラーメン屋さんですから、「亀王らーめん」「九州油ソバ」「九州黒肉一本麺」。さらに、サイドメニューの中から「うまか焼き餃子(6個)」「じゃんじゃん丼」を注文しました。

【亀王らーめん】680円
亀王ラーメン
亀王らーめんは、九州の塩とんこつ味のラーメンを関西の人が食べやすいよう若干アレンジしているのだそう。
「こっさり(こってりとあっさりを組み合わせた造語)」と称される味わいは、ほかのラーメン店ではなかなか味わえないおいしさです。見た目の色よりも全然あっさりしていて、このギャップには驚き。
ラーメン
そして、トロトロのチャーシュー、九州ラーメン独特のストレート麺、そして『備前の塩』を使用した塩とんこつのスープ、この3つのバランスがすばらしい。
中でも特筆すべきはチャーシュー。箸で持ち上げるとほろほろと崩れてしまうほどに柔らかく煮込まれたチャーシューは、お店で朝から仕込んでいると聞いて驚きました。脂のギトギトした感じがなくて、うまくトロトロの部分だけ残したという感じがする絶妙なチャーシュー。これはうまいですよ、かなり。替え玉は150円。九州のラーメンはやっぱり替え玉を楽しみたい!

亀王ラーメンで注文する際には、麺を好みの堅さに注文することができます。
一番堅いのから順に「粉落とし」→「ハリガネ」→「バリかた」→「かた麺」→「ややかた」→「ふつう麺」→「やややわ」→「やわ麺」→「バリやわ」の9種類。最も堅い「粉落とし」で注文すると、麺を茹でるのはなんと1秒程度! “麺に付いた粉を落とす程度”と意味する「粉落とし」という言葉がぴったりです。ちなみに「バリヤワ」は4分近く茹でるのだそう。ぜひ好みの堅さを見つけて、自分が一番美味しい亀王ラーメンを味わってみて。

あと、ショウガを入れて食べるのもおすすめだそう。でも、ショウガは最初から入れてはダメで、スープを飲んで麺を味わって、半分ぐらい食べたあたりでひとつかみだけ「ポン」と投入するのが正解らしい。すると、ショウガの香りと辛み成分が消化を助け食欲を増進してくれるのだとか。ぜひ、試してみることをおすすめします。

【九州油ソバ】620円
油そば
油ソバは、大阪ではなじみが薄いですね。でも、九州ではメジャーです。亀王ラーメンなどとは違う油ソバ専用の中太縮れ麺を使用。これは明らかにタレがよく絡むようにですね。オリーブオイルを中心とした数種類のオイルと、ちゃあしゅうを作る過程で生まれるうま味たっぷりの醤油ベースのタレ、さらに魚介ピリ辛味噌をブレンドした自家製ダレを麺と混ぜて食べる! 白髪ネギやメンマのトッピングで食感も変化してこれはいい。コクがあってちょっとピリ辛のタレが、しっかりと麺に絡まってうまいね、これ! 普通のラーメンとは全く違う種類の麺類だと実感。
油そば
そして、お店のおすすめは、半分ぐらい食べたところでお酢を入れて食べること。お酢を入れて食べてみると、すごくあっさりして醤油の味がまろやかになる感じ。これは女性でも全部食べられるなぁ。夏限定販売の冷やし油ソバはかなり女性に人気だそうです。

【九州黒肉一本麺】860円
九州黒肉一本麺
目の前に届いたラーメン鉢には、棒状の肉の塊がドドーンと乗っかって登場!
 一頭の豚から4人前しか取れない「なんこつちゃあしゅう」を使用しているのだそう。この「なんこつちゃあしゅう」がスゴイ。肉を持ち上げて切ると、中から白いプルプルでトロトロの部分が出現。
ここがウマイ!
これが軟骨の部分で、コラーゲンがたっぷりなのだ。歯ごたえもしっかりあって、確かに肌がツルツルになりそうな感じがする新食感です。ぜひ味わってみてください。

【うまか焼き餃子(6個)】280円
餃子
亀王の餃子は、羽根付き餃子なんですね。食べると薄めの皮で作られた餃子の中からあふれ出てくるじゅわっとしたスープと、羽部分のカリカリの食感がよいバランスです。もちろん国産の肉と野菜を使用し、安全面の配慮も怠りません。中の具は本当に細かくカットされていて、なめらかな舌触りなのには驚きました。にんにくも控えめなので、女性にも大人気だそうです。
餃子

【じゃんじゃん丼】600円
じゃんじゃん丼
自慢のちゃあしゅうで味が一番しみたヘタの部分をこの「じゃんじゃん丼」で使います。確かに刻んであるけど、ちゃあしゅうの味が濃い。ゴロゴロとたくさん入っているちゃあしゅうはもちろん、海苔、カイワレ、そして錦糸卵がいい食感のアクセントになっています。軽く混ぜて口に運ぶと、丼用のオリジナルタレがご飯に程よく染みてうまい!
じゃんじゃん丼

やはり飲んだあとにはラーメンという人も多いはず。そんな時、『九州らーめん亀王 梅田総本店』のラーメンは「こっさり」味ですから、ぴったりかと思います。
今回も店長さんのご好意で、お得なクーポンをご用意してもらいました。
ぜひクーポン片手に『九州らーめん亀王 梅田総本店』に足を運んでくださいね!

クーポン内容は餃子1人前無料です。
餃子無料クーポン


ラーメン亀王梅田総本店
【九州ラーメン亀王】
住所:大阪市北区曽根崎2-13-18
営業時間:午前11時〜午前4時半
定休日:無休
HP:九州ラーメン亀王梅田総本店

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!1日1回クリックにご協力お願いしますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるために1日1クリックご協力お願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

げん家ラーメン お初天神店

桜も散り、いよいよ初夏の訪れを感じようかという季節になってきました。
お初天神グルメブログは、お初天神の名店を毎月ご紹介させていただきます。
お初天神商店街は、ラーメン激戦区とも称されます。
今回は、その激戦区の中で頑張っているお店の一つ

『げん家ラーメン お初天神店』

を取材させていただきました。木をふんだんに使った外観が素朴さを感じさせます。

げん家ラーメン
 【営業時間】
 (平日)午前11時〜翌午前4時
 (日)午前11時〜深夜24時
 【定休日】無休
 【電話】06-6367-8866
 【住所】大阪市北区曽根崎2-13-18
 【HP】げん家ラーメンお初天神店


店内は2階建てで、1階はカウンター席、ちょっと急な階段を上ると、思ったよりも広い2階はすべてテーブル席になっています。
げん家ラーメン2階
夜にはサラリーマンの団体と若い女性の団体が大挙して押し寄せ、カオスな状態になるんだそうです。

本日は、ラーメン屋さんですから、店長さんおすすめのラーメンとして、
「げん家らーめん」
「イベリコチャーシューメン」。
さらに、ビールとの相性が抜群なサイドメニューの中から
「餃子(10個)」
「唐揚げ(4個)」
「チャーシュー盛り(4枚)」
をオーダー。
もちろん、ビールにマッチするサイドメニューということなので、生中も注文です。

【げん家ラーメン】760円
げん家ラーメン
どっさりトッピングされた野菜炒めが目を引く「げん家ラーメン」は、商品名に店名が付いているのを見ても分かる通り、この店の看板メニュー。
キャベツと白菜をたっぷり使った野菜炒めと、巨大な国産黒豚のチャーシューをトッピングしたラーメンは、見た目にも食欲をそそります。
鶏ガラ、イベリコ豚のげんこつ、野菜などを用いた豚骨醤油のスープは、それぞれの素材のうま味だけを絞り出すために、絶妙の火加減で数時間煮込まれたもの。
店長曰く、長時間煮込めば旨い豚骨スープになるのではないそうで、火加減とスープのバランスが大切なのだそう。そうして作られたスープは、豚骨醤油なのにあっさりした味わいでどんどん食べ進められます。甘い脂と醤油の香りが絶妙です。このあっさりした感じが女性に人気なんだろうなぁ、と思わず納得。
もちろん麺にもこだわりまくってます。豚骨ラーメンのスタンダードであるストレート細麺を使わず、中太の少しちぢれた玉子麺を使用することで、つるっとしたのどごしを実現しています。
食事としても、お酒を飲んだあとのシメとしても、大満足のおいしさでした!

【イベリコチャーシューメン】1,080円
イベリコチャーシューメン
こちらは、イベリコ豚のチャーシューがたっぷりトッピングされたチャーシューメン。イベリコ豚とはスペインの豚の品種を指します。エサのドングリによって、脂部分が非常に甘みがあり、世界中で珍重される豚肉なのです。それをラーメンのチャーシューに使うというのは、相当の贅沢ですよ!
トロットロな脂の部分と歯ごたえたっぷりな肉の部分が層状に折り重なったイベリコ豚のチャーシューは、噛めば噛むほどジューシーでおいしさが口の中にあふれます。脂のうま味が普通のチャーシューとは比べものになりません。「甘い」という表現がぴったりなほど、濃厚なうま味が広がります。また、あえて歯ごたえを残すこだわりの作り方により、まるで焼き肉のような味わいです。まさにチャーシューメンの概念が変わること間違いなし!
イベリコチャーシューメン
ぜひ、他店にはない贅沢なおいしさを体験したいならイベリコチャーシューメンがおすすめです!

【餃子(10個)】550円
餃子
中身がたっぷり詰まった餃子は、肉と野菜のバランスも絶妙でジューシー!
 店長さん曰く「鉄板との相性がとてもいいので、パリッとした焼き上がりとたっぷりの肉汁を堪能してください」
ビールと一緒に食べるともうビールが止まりません。ニンニクが入っているので、パワーも充填できますよ。

【唐揚げ(4個)】300円
唐揚とビール
シンプルでジューシーな鶏の唐揚げですが、冷めても美味しいのがうれしい。プリプリの身は一口噛むと肉のエキスがジュワッと染み出してきて、思わずテンションが上がります。レモンをたっぷり掛けてさっぱりを味わって。

【チャーシュー盛り(4枚)】450円
チャーシュー盛り
飲むつもりで「げん家ラーメン」を訪れたお客さんの多くがオーダーするという、大人気のチャーシュー。甘めに煮込まれたチャーシューはビールとの相性が抜群です!
チャーシュー盛り
 とろけるような柔らかさと国産黒豚のうま味がじっくりと凝縮されたその味わいは、これだけでビールがどんどん飲めちゃうほど。
チャーシュー盛り
プルプルの食感も楽しむことを忘れずに!

最近は、1軒目としてラーメン屋に来る人が増えたのだそうです。そのためにお店側もチャーシューや餃子など、ビールと相性抜群な単品サイドメニューを充実させて、多くの人に楽しんでもらえるように努力しているのだそうです。
「一杯飲んだ後のシメでラーメン!」というのはもはや昔のことかと思いきや、「もちろん飲まれた後のご来店も非常に多いですよ」と店長さん。実際に、最も混雑するのはやはり22時〜終電までの時間だそうです。
また、19時台には女性ばかり3〜4人というお客様が増えているそう。これは『げん家ラーメン』のラーメンが、豚骨醤油なのにあっさりした味わいというのがウケているのでしょうね。
そして、何よりお店のスタッフの方の対応が元気で気持ちいい。リピートのお客さんが大変多いというのも頷けます。やはり気持ちよく食事できないと、次もまた来ようという気になりませんもんね。

今回は店長さんのご好意で、お得なクーポンをご用意してもらいました。飲んだ後に「どこのラーメン屋にする」と迷ったらぜひクーポン片手に『げん家ラーメン』にGO!
 ここの餃子は、ぜひビールと一緒に味わってくださいね。
ブログクーポン




曾根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2


posted by おはてんグルメブログ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

ビアレストラン ニューミュンヘン本店

少しあたたかい日も増えてきましたが、寒暖の差が激しくて風邪を引かないように注意してください。お初天神グルメブログは、今回もお初天神商店街の名店をご紹介させていただきます。
今回は商店街のちょうど中程にある『ビアレストラン ニューミュンヘン本店』におうかがいしました。本場ドイツのビアレストランを意識したという重厚な建物が何とも印象的です。
ニューミュンヘン本店

 【営業時間】
  11時半〜23時(L.O.22:30)
 【定休日】無休
 【電話】06-6311-3381
 【住所】大阪市北区曽根崎2-9-3
 【HP】http://www.newmunchen.co.jp/




店内は3階建てで、こちらも外観と変わらずドイツのビアレストランを意識したという重厚な雰囲気の店内。
実はこの店内は1958年の創業以来、50年以上もの間、ほとんど変わらず創業時のままの雰囲気なのだそう。
先日、改修を行ったそうですが、厨房や水回りの交換&補修がメインで、店内はペンキを塗り直した程度だとか。
テーブルもイスも重厚感たっぷりで、本当にドイツのビアレストランで飲んでいる気分になるから不思議です。

本日は、ノムだけじゃなくて、食べることもできるビアレストランを目指して創業したお店だけに、料理もかなり期待大。
迷いに迷って、堂本マネージャーおすすめの
「フランクフルトソーセージ」
「阿波乙女 鶏の唐揚」
「ミックスピザ」
そして「特製 ビーフカツサンド」
の4品をオーダー。そして、今回はビアレストランの取材ということで、ビールも注文することに!

【フランクフルトソーセージ】650円
フランクフルトソーセージ
20cmはあるでしょうか。巨大なフランクフルトが1本、皿の上にドーンと乗って登場! ナイフを入れるとソーセージから発せられる「パキッ!」という音が食欲をそそります。
フランクフルトソーセージ
しっかりと肉が詰まったフランクフルトは、たっぷりのマスタードと一緒に口の中に放り込むと……うまい! ビールとの相性も◎なので、ビールがどんどん進みます。
実は、このメニューの注目ポイントが、もう一つあります。それは添えられているザワークラフト。
ザワークラフト
このザワークラフト、ニューミュンヘンの自家製なんです。やたら酸味がきつい市販品とは全く違う、甘さと酸味の調和がとれたザワークラフトは、これだけでビールが進みます。


【阿波乙女 鶏の唐揚】965円
鶏の唐揚
ニューミュンヘン人気ナンバーワンメニューがこれ。創業時にビールに合う料理として開発されたメニューだとか。
雌鶏の胸肉と手羽元を使用し、創業時から変わらない秘伝のタレに漬け込んだ鶏肉をカラッと揚げた一品で、老若男女問わず大人気。
この唐揚げを食べるために来店するお客さんが多数いるという、まさに名物メニューなのだ。
骨付きだからこそ味わえるジューシーなうま味が口の中いっぱいに広がって、本当に幸せな気持ちになります。
このメニューでぜひチェックしてもらいたいのが、唐揚げとともに供される塩。
塩
何の変哲もない塩に見えますが、お店スタッフの中には「魔法の塩」と呼ぶほどの塩なのです。実は普通の塩ではなく、塩、味の素、山椒が絶妙のバランスで配合されているんです。唐揚げをはじめとしたどんな料理でも、振り掛けた瞬間にうま味がググッと引き出されるという、まさに“魔法の塩”なんです。
このメニューだけで、なんと1日100kgもの鶏肉が消費されるというから驚き! ホームページ上で通信販売もしているから、遠方の方でも興味がある方はお試しアレ!

【ミックスピザ】890円
ピザ
エビ・サラミ・ソーセージ・ピーマン・タマネギ・マッシュルーム、そしてチーズがトッピングされた、定番メニュー。チーズとビールの相性が抜群なだけに、かなりの人気メニュー。かなりのボリュームのチーズがトッピングされていて、宅配ピザのピザとは全く違う、本物のおいしさが楽しめますよ!

【特製 ビーフカツサンド】1,200円
ビーフカツサンド
パンよりもぶ厚いビーフカツに注目! このメニューは、ニューミュンヘン本店の50周年を記念して「何か新しい名物を作ろう!」ということで開発されたのだそう。コンセプトは「昔のレストランで食べられていた、大衆的なメニュー」。
確かにパッと見た感じは普通ですが、結構な存在感を放っています。ソースはもちろん自家製で、軽くトーストされたパンに染み込むと味わいが少し丸くなって、パンとビーフカツをつなぐ潤滑油になってくれます。レタスとビーフカツにパンという、シンプルで潔い具材構成も好印象。
それにしても大人の男性でも、十分お腹いっぱいになるこのボリューム、圧巻です。

さすがビアレストランだけに、さまざまな種類のビールがそろっていました。
ビール
今回いただいたのは、サッポロ生ビール540円(中ジョッキ)、ニューミュンヘンオリジナルの地ビールである大使館ビール650円(中ジョッキ)、一般的に白ビールと呼ばれるヴァイツェン650円(中ジョッキ)の3種類。
ビール
大使館ビールは、神戸の店で醸造されており、コクとさわやかな後味が同居したとても飲みやすい味わい。ヴァイツェンは、やさしい苦みと甘みが口の中に広がってフルーティな味わいで、ビールが苦手な女性にも飲みやすいと好評です。
一日で500〜600リットル、ジョッキにして1,800杯以上のビールを消費そうです。実は地下には5,000リットルのビールを貯蔵できるタンクがあるのだとか。そりゃ、そうでもしないとすぐ品切れしちゃうよなぁ。

今回はお店様のご好意で、お得なクーポンをご用意。クーポン片手に『ニューミュンヘン』へ飲みに行きましょう!
ブログクーポン3月



曾根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

くぅ〜くぅ〜 お初天神店

寒い日が続きますが、お初天神グルメブログは、どんどんお初天神商店街の名店を紹介していきますよ。
今回おうかがいしたのは『くぅ〜くぅ〜 お初天神店』。
くぅーくぅーお初天神店

 【営業時間】
  [月〜木]17:00〜24:00
  [金・土]17:00〜25:00
  [日曜日]17:00〜23:00
 【定休日】無休
 【電話】06-6364-5130
 【住所】大阪府大阪市北区曽根崎2-7-11
     第一梅新会館

木の看板がなんとも風情のある雰囲気を醸し出しています。
取材におうかがいしたのは、夕方だったのですが、すでにお客様がおられ楽しんでおられました。どうやらかなり人気店の様子。その秘密は後ほど分かるのですが……。

お店にはいると、フロアは2階まであります。1階はテーブル席、2階はお座敷、3階は団体客専用のお座敷で20名程度までの宴会なら対応できるとのことです。
1階店内

これから春になれば歓迎会や送別会など、イベントが数多くありますがどんな時でも大活躍してくれそうです。店内に飾られている大漁旗などが雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。
2F店内

本日は、店長おすすめの
「マグロ刺身」
「カツオタタキ」

さらに
「「たこステーキ」をそれぞれ単品でオーダーすることに。

【マグロ刺身】200円
刺身
に、200円ですか!と驚いたのもつかの間、運ばれてきたのは、おいしそうなマグロの刺身。赤身独特の甘みが口の中に広がります。
刺身
ただ、お話を聞いてみると、思わず疑ってしまうほどの低価格を実現できているのには、ちゃんとした背景がありました。
実は、オーナーが『くぅ〜くぅ〜』と一緒に、お寿司屋さんも運営しているので、これだけの低価格が実現しているのだそうです。
それでも「利益は全くありません。お客様に喜んでいただくためのメニューです。」というほど、利益度外視のメニューなのです。
まずは席に着いたらオーダーしたい一皿です。

【カツオタタキ】200円
かつおのたたき
こちらも200円ですか!?なんと静岡焼津から運ばれてきたカツオは新鮮なうちにタタキになります。
現在、お店の中でこのメニューが一番人気。
そりゃそうだ、200円でカツオのタタキが食べられるなら絶対注文するよなぁ。
皮の香ばしさと赤身部分の濃厚さが、たっぷりの薬味やポン酢によってあっさりとまとめられ、日本酒好きには堪らない一皿に仕上がってます。
カツオは1年の間に2回おいしい時期があるのですが、今はそのうちの片方の時期だそうですよ。ぜひご注文を!

【たこステーキ】300円
たこステーキ
300円という超低価格にもかかわらず“ステーキ”と名が付いていて、ちょっと不安になりましたが、テーブルに運ばれてきたのは立派なサイズのタコ。
なんとタコの産地として有名な、九州の天草産のタコを使っているのだそう。
こちらは九州出身の社長の個人的な縁で、特別に仕入れることができているのだそう。
生でお店まで空輸され、お店で茹でているのもおいしさの秘密なのだとか。やはり鮮度の違いが味に大きく影響するようです。
しょうゆとみりんを主体にしたタレで甘辛く煮込まれたタコは、ステーキらしくナイフとフォークでいただくのが正解。
プリップリの身は歯ごたえがあって、噛めば噛むほど甘みが出てきます。
あと、一緒に添えられている煮卵が絶品の旨さ。タコの旨みが卵に染みこんでたまりません。

200円、300円という料理がズラズラと並び、それがどれも本格派。ならばお酒にもこだわるのが当然の流れというもの。
『くぅ〜くぅ〜』ではビールが280円という激安価格で超人気。ほかに、日本酒や焼酎もたくさん揃えています。
系列店の中に酒屋があるため、レアな日本酒や焼酎も入荷するそうで、時には幻の名酒が1合1,000円以下で飲めることも。お酒好きには、品揃え&価格ともに申し分ないお店です。
酒

「2,000円でお釣りが来るお店にして、毎日来ていただけるように」というオーナーの思いが結まった『くぅ〜くぅ〜 お初天神店』。平日は年配のサラリーマンで賑わい、週末は若者で賑わうそう。今回紹介したメニュー以外も、200円、300円台のメニューが多くてリーズナブル。17時台からお客さんがやってくるのも頷けました。

今回は店長さんのご好意で、今回ご紹介した料理1品がサービスしていただけるクーポンをご用意。
おはてんグルメブログオンラインクーポン
クーポン片手に『くぅ〜くぅ〜 お初天神店』へレッツ・ゴー!



曾根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

個室神話 花の願い箱

いよいよ寒さが本格的になってきました。2010年もお初天神グルメブログは、お初天神商店街の名店をドンドン紹介していきたいと思います。
今回取材させていただくのは『個室神話 花の願い箱』。
花の願い箱【営業時間】17:00〜24:00
ラストオーダー 23:30
【定休日】元日
【電 話】06-6362-7034
【住 所】大阪府大阪市北区曽根崎2-13-17
      曽根崎渡辺ビルB1
【H P】花の願い箱





入口の大きなガラスウインドウと重厚な木の扉がなんとも重厚な雰囲気です。
でも、お店に来られるお客様の多くがサラリーマンだそうで、気軽に飲んだり食べたりできる個室空間が人気の秘密だとか。
個室

2〜100人まで完全個室で対応できるというのは、飲み会やコンパ、さらにはサラリーマンの歓送迎会に大活躍すること間違いなしです。しかも掘り炬燵式だから長時間ゆっくりと寛ぎながらじっくりと飲んだり食べたり、話し込んだり……どんな用途でもマッチする使い勝手の良さも人気の秘密なのかも。

店に入ると、スタッフの方に案内されて店の奥へ。途中、板張りの通路の一部がガラス張りだったり、なんともユニークな店内。
床

個室に案内されてメニューをじっくりと眺めてみます。
和洋中にこだわらず新鮮なものを提供するというのが料理のコンセプトだそう。
その通り、ジャンルにとらわれない様々なメニューがズラリと並びます。
本日は、店長おすすめのコース料理「酒宴コース」に加えて、
「マグロとアボガドの生春巻き」
「サーモンとイクラのカルパッチョ」
、さらにでデザートの
「フォンダンショコラ バニラアイス添え」

をそれぞれ単品でオーダーすることに。

【酒宴コース】4,000円(8品)

一番人気という「酒宴コース」は、
1. 本日の前菜、
2. 鰹の炙りポン酢葱まみれ
3. 和風ほうれん草サラダ
4. 餡かけだし巻き
5. 創作ポテトベーコン串揚げ
6. 鶏汁肉団子の寄せ鍋
7. 〆のラーメン
8. 本日のデザート

という豪華8品に、なんと飲み放題が3時間もついた超お得なコースメニュー。
とにかくボリューム満点で




「食べ足りない!」


なんて声は絶対に聞かれないと思います。
しかも飲み放題が3時間分セットだから、お酒大好きなサラリーマンたちに大人気なのもうなづけます。

コース料理の中でのおすすめは、やはりメイン料理となる「鶏汁肉団子の寄せ鍋」。塩味ベースのスープは、素材のうま味を存分に引き出している上、あっさりとした味わい。だから「〆のラーメン」までしっかり食べられます。また、コース料理が全体的に野菜たくさんなのもうれしい。女性が多い飲み会では、喜ばれるだろうなぁ、このコース。
※季節により料理内容が多少異なる場合がございます。

【マグロとアボガドの生春巻き】725円

マグロとアボガドの生春巻き
和歌山の市場から直送されてきたマグロは新鮮そのもの。そんなマグロを大胆にもアボガドと一緒に生春巻き風に仕立ててしまうというセンスの高さに脱帽です。
味の決め手はズバリ、ソース。
柑橘系のフルーツをベースにした甘酸っぱいソースが絶品で、マグロのうま味、甘みをしっかりと感じられるのがイイ! しかも、アボガドのトロッとした食感と生春巻きの皮で巻いた野菜たちが持つシャキシャキの食感が、絶妙のコンビネーションを醸し出しているのだ。手で持って豪快にかぶりついて食べるのが正解ですよ。

【サーモンとイクラのカルパッチョ】725円

サーモンとイクラのカルパッチョ
こちらも和歌山の市場から直送されてきたサーモンの鮮度を存分に活かした一皿。
脂がのって肉厚なサーモンは、口の中に入れるとトロトロに溶けるような感じです。そんなトロと間違えてしまいそうなサーモンの上に散りばめられたのは、ケッパーじゃなくてイクラ。プチプチと口の中ではじける食感も良いアクセントです。バジルを散りばめたマヨネーズのソースと一緒に口の中に運べば、口の中は一瞬でイタリアの気分に! 

【フォンダンショコラ バニラアイス添え】725円
フォンダンショコラ
数あるスイーツの中でも、お店で一番人気なのがこのフォンダンショコラだそう。甘さ控えめなチョコレートとバニラアイスのハーモニーは、女子だけじゃなく男子のハートもがっちり掴んでしまうようです。甘くとろける味わいは、やっぱり別腹ですよね……。

全体で350席ある大バコは、キタ界隈でもかなり数少ないかも。しかも、完全個室なのがうれしい限り。
2〜100人まで完全個室で対応できるって、やはりスゴイことなのだ。サラリーマンの皆さんも周囲に気兼ねなく歓送迎会を盛り上げることができるし、カップルも周囲を気にせず二人だけの世界を作ることもできる。



使い方は、お客様の思いのままに……というワケ。

今回は『花の願い箱』店長さんのご好意で、通常よりもグーンと奮発した20%オフのクーポンをご用意。今年の歓送迎会は『花の願い箱』で決まりですね!
おはてんオンラインクーポン



曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

酒味処 春雨(はるさめ)

底冷えする日が増えてきましたが、お初天神商店街は師走ならではの賑わいが、今年もまた戻ってきています。
そんな12月の忙しいある日、取材におうかがいしたのが『酒味処 春雨』。

春雨.jpg【営業時間】【平日・土】17:00〜24:00
ラストオーダー 23:30
【祝日】17:00〜23:30
ラストオーダー 23:00
【定休日】日曜日(祝日は営業)
【電 話】06-6311-5526
【住 所】大阪市北区曽根崎2-5-20
お初天神ビル1F
【H P】酒味処 春雨(はるさめ)



お初天神のすぐ隣にあるビルの1階にあります。
実はこのお店、創業70年以上の老舗で、今のご主人は3代目だそうです。
 美しいカウンター席とお座敷の席があり、お座敷では取材日も忘年会の団体が、美味しいお料理に舌鼓を打っていました。

 早速注文を、と思いメニューを見ると、まずメニューの数が多いのに驚きます。
そこで、ご主人に相談して人気があるメニュー
「お造り盛り合わせ」
「生レバー」
「串揚げ盛り合わせ」
「しいたけ餃子」
「ハラミスタミナ焼」
「牛すじどて焼き」

の6品を注文することに。いつもより品数が多いような気がしますが、選びきれなかったんです。
それだけ魅力的なメニューが盛りだくさんでした。

【お造り盛り合わせ】2,000円
刺身盛り合わせ.jpg
新鮮な魚介類をふんだんに盛り込んだお造りは『春雨』の自慢の一品ですひらめき
この日は、中トロ、カンパチ、貝柱、ヒラメ、えんがわ、タコ、イカ。新鮮なので口の中でとろけます。
一番のおすすめはタコ。意外に思うかもしれませんが、このタコ、ご主人のこだわりで表面だけサッとボイルしてお造りに仕上げています。
そのため、噛めば噛むほどタコの甘みが出てきてたまりません。

【生レバー】1,050円

生レバー.jpg
お店で一番人気のメニューとのことひらめき
ここの生レバーを食べるためにわざわざ遠くから来られるお客様もおられるとか。
ここの生レバーは、かなり希少な山形牛のレバーを使っていて、味が濃厚でとろけるような口当たりが特長で、レバー好きの人にはたまらないでしょう。
生レバー箸入れ.jpg
あと、ごま油と塩、さらにすりゴマをたっぷりとトッピングすることで、濃厚なレバーの味に負けない風味を演出しています。

【串揚げ盛り合わせ】900円(8本)
春雨串カツ.jpg
900円で8本の串揚げが盛られたボリューム満点の一品。この日は、牛、海老、ナス、玉ねぎ、キス、シシトウ、さつまいも、ナンキンの8品。薄く付けられた衣と絶妙の揚げ加減で、とてもさっぱりした味わいです。
素材のうま味や素材の食感がしっかりと楽しめます。時間が経ってもお皿が油まみれにならないのは流石の一言。
串カツタレ.jpg

【しいたけ餃子】630円(2個)

しいたけ餃子.jpg
実はこの一品は、今のご主人が自分のアイデアで作ったメニュー。
しいたけの肉詰めの肉の代わりに餃子の具を詰め、衣を付けて揚げたシンプルな一品ですが、これをポン酢にごま油を加えた特製ダレでいただくと、なんとも旨い!
 特製ダレを付けずに食べると餃子の具の味が勝ちすぎてしまうのですが、特製ダレに付けて食べるとしいたけのうま味がしっかりと感じられ、いいバランスのおいしさになります。
特製ポン酢ダレ、イイ仕事してまするんるん

【ハラミスタミナ焼】1,380円
ハラミスタミナ焼き.jpg
こちらが生レバーに続く、お店で2番目に人気のメニュー。
生レバーと同じ希少な山形牛のハラミを特製のタレに漬け込んで焼いたシンプルな一品。
ただし、タレにはかなりのこだわりがexclamation×2。特製タレはしょうゆベースで、中身は秘密だそう。
お肉の柔らかさは、さすがブランド牛exclamation
 ちょっと甘めの味付けにお酒もしっかりと進みます。お肉好きにはたまらない一品ですよ黒ハート

【牛すじどて焼き】530円
どて焼き.jpg
白味噌と八丁味噌をブレンドした特製味噌で、牛すじをじっくりと煮込んだどて焼き
しっかり味が染みて濃厚な味わいにも関わらず、後味はさっぱり。日本酒といただくと口の中に“幸せ”が満開状態になること間違いなし!

お値段は居酒屋にもかかわらず、上品な味付けと心地よいサービスは、割烹か小料理屋さんに来た気分です。
女将さんが教えてくれた隠れた人気メニューは、カウンターに並ぶ大皿料理。こちらもぜひ楽しんでみて。

 今回の取材では、美味しい料理とお酒を心の底から楽しめるお店だからこそ、70年以上もの長きに渡り、のれんを守り続けることができるのだと実感しました。

今回は『春雨』ご主人のご好意で生ビール(小)が一杯サービスになるクーポンをご用意。
ブログクーポン12月.gif
じっくりと料理とお酒を楽しみたいときは、ぜひ一度訪れてみてくだ
さい。

酒味処春雨HPはこちら>>




曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

風月 梅田店

今回の取材は、お初天神商店街の北側入口にある『風月 梅田店』におうかがいしました。言わずと知れた、鶴橋に本店を持つお好み焼きの名店です。


風月お初天神店【営業時間】【平日】11:00〜23:15
ラストオーダー 22:15
【金・土・祝前日】11:00〜3:00
ラストオーダー 2:00
 【定休日】無休(年末年始は除く)
 【電 話】06-6314-2233
 【住 所】大阪市北区曽根崎2丁目16番22号
アメリカンビル B1〜2F
 【H P】http://www.ideaosaka.co.jp/web/store/kansai/umeda/index.html










大阪に住んでいれば、一度は口にしたことがある『風月』のお好み焼き。創業して60余年、最近は関東地方をはじめ全国に進出し、大阪だけではなく日本中の人々に親しまれる味となっています。
ただ、お好み焼きの本場、大阪の人々に支持され続けるには大変な努力が必要でしょう。また、店が増えて規模が大きくなるほど、すべてのお店で常に美味しいお好み焼きを提供することは本当に大変です。そんな「味を守る努力」についてもおうかがいしようと思います。

さぁ、早速オーダーです。
今回は、店長おすすめの「とん平焼き」「味噌ぶた」「ネギごましょうゆ焼そば」「ぶた玉モダン玉子トッピング」の4品をオーダーすることに。

【とん平焼き】550円
トンペイ
とん平焼きとは、豚肉をたまごで包み、ソースを掛けたシンプルな一品。完成した状態でテーブルに運ばれてきます。外はしっかり、中はふんわりの玉子に包まれた厚い豚肉からは、肉のうま味がしっかりと感じられます。また、豚肉と一緒に包まれているネギがいいアクセントになって、ソースと絡みます。
店長さんに味の秘訣をたずねると、卵をふんわりと焼き上げることだそう。その焼き方の秘密は「玉子をあまり溶かない方がふんわり焼けますよ」とのこと。これは自宅でオムレツ何かを焼くときにも応用できるそうなので、ぜひ一度とん平焼きを味わってその秘密を舌で盗みましょう!

【味噌ぶた】550円
味噌ぶた
完成した状態でお皿に盛られてテーブルに運ばれてきます。キャベツと豚肉と玉ねぎのみというシンプルな具材をオリジナルの味噌で炒めた一品です。豚肉は味噌で漬け込んであるので、味噌が焼けた香ばしさが格別です。その苦みのない香ばしさとキャベツや玉ねぎの甘さが絶妙にマッチして、ビールがドンドンすすみます!

【ネギごましょうゆ焼そば】900円(小)、1120円(大)
ネギごましょうゆ焼そば
店長さんに「女性におすすめのメニューを紹介させてください」とお願いしたところ、おすすめしていただいたのがこちらの一品。『風月』では、焼そばも完成された状態でテーブルに運ばれてきます。
その商品名の通り、ネギとゴマがたっぷりとかかっていて、なんともヘルシーな感じ。早速いただくと、特製のしょうゆベースソースがあっさりした味わいを演出します。風月オリジナルのたまご麺は、そんな繊細なソースがしっかりと絡まっています。さらには、絶妙のシコシコ感でしょうゆベースのソースに加えて、ネギの甘みやゴマのコク、さらには具材のイカや豚肉のうま味も絡まってウマイ!! 女性に人気なのも頷けるさっぱりした後味もイイ感じ。

【ぶた玉モダン+玉子トッピング】(レギュラー)830円、(ラージ)950円
ぶた玉モダン+玉子トッピング
店長さんが「僕が『風月』で一番ウマイと自慢できるメニューです!」と自信を持っておすすめしてくれたのがこれ。ぶた玉モダンはよく食べるけど、玉子トッピングはあまりしないなぁ。
お好み焼きは、目の前で焼いてくれます。目の前でシャカシャカかき混ぜて、一気に鉄板へ。そして、こだわりのたまご麺とかつお節をのせます。
風月は具材の上に麺をのせて、焼く途中にさらにかつお節をのせます。他の店では完成時に上からかけるかつお節を焼く途中にのせるのです。かつお節が焼ける香りが、また食欲をそそります。そして、出来上がりが近づくと、やおら鉄板上に卵を割り、黄身の部分にひと突き。サッとひと混ぜしたら玉子の上にお好み焼きをドン!そして、ひっくり返したら焼き上がりです。
最後に、風月の秘伝ソースと自家製マヨネーズをたっぷりと塗って出来上がり!
外はカリカリ、中はふんわりのたまご麺と豚肉のうま味やソース、マヨネーズの味わいをトッピングの玉子が全体がまろやかにまとめているようで、これはウマイです! いつも食べるぶた玉モダンに対して、一段ランクアップした美味しさのような気がしました。玉子をトッピングするだけでこんなにも美味しさがアップするんだと、ただただ驚くばかり。皆さんもぜひ一度、玉子トッピングにチャレンジしてみましょう!
ぶた玉モダン+玉子トッピング

梅田店の店長さんに『風月』のお好み焼きについて、いろいろとおうかがいしました。
実は、お好み焼きの味は焼き方で大きく変化するのだそうです。そのため、より美味しいお好み焼きを食べてもらうために、『風月』ではスタッフの方が焼くのだそう。もちろん、美味しいお好み焼きを提供するために、お客様の前でお好み焼きを焼くにはテストがあるそうです。そのテストとは、10枚連続で焼いて10枚とも先輩社員が「美味しい!」というお好み焼きを焼くことができれば合格、というもの。簡単なようですが、同じ味を10枚連続続くのは、かなりの技術を要するのだそうです。
自分で焼きたい人もいるかもしれませんが、より美味しいお好み焼きを食べるために、少しだけガマンです。

また、マヨネーズやソース、具材などは時代の変化やお客様の味覚の変化に合わせて、少しずつ変化しているのだそう。これも「より美味しいお好み焼きを提供したい」という思いから、より美味しい味を追求している証なのかもしれません。他にも、水分の少ないキャベツを求めて季節ごとにキャベツの産地を変えたり、キャベツはすべて手切りでこしらえたり、たまご麺は注文を受けてからゆでたり……と、美味しさを追求するための妥協はありません。
そういった日々の努力や探求心が、あの一枚のお好み焼きに込められていると思うと、美味しさも倍増すること間違いなしですね!

今回は『風月 梅田店』のご好意で一杯目のドリンクが無料になるクーポンをご用意! 今年の忘年会はこのクーポンを利用して、「お好み焼き忘年会」に決まりですね。
おはてんブログクーポン風月



曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

がんこ寿司曽根崎本店3F 漁村料理まいわい

今回の取材は「がんこ寿司 曽根崎本店」3Fの漁村料理まいわいにお伺いしました。


漁村料理まいわい【営業時間】午前11時半〜午後11時
 【定休日】無休(年末年始は除く)
 【電 話】06-6312-5108
 【住 所】大阪市北区曽根崎2-8-13
 【H P】http://www.gankofood.co.jp/










扉を入ると、店内にはエレベーターがあり、5階まで全てがんこ寿司のお店が並びます。1Fはがんこ寿司、2Fは和食がんこ、3Fは『漁村 まいわい』、4&5Fは宴会場となっています。
今回の取材は、3階にある『漁村 まいわい』におうかがいすることに。入店すると「お帰りなさい!」の声。「いらっしゃいませ」じゃなくて「お帰りなさい」なんです。店長にお伺いすると、お客様が都会の“荒波”から戻ってきて、店内でゆったりくつろいでもらいたいという思いを込めているのだそう。ちなみに帰る時には“いってらっしゃい!”というかけ声をかけてくれます。
漁師さんが休憩する番屋をイメージしたという店内には、大漁旗などが掲げられており、なんだか本物の番屋で、漁師さんと大漁祝いの宴会をしている気分になります。
そんな話をしていると、お店の方から『まいわい』の意味は、江戸時代以降に大漁の時に漁師さんがお祝い着として着る晴れ着である「まいわい」に由来すると聞いてなんだか納得。しかも、店内でいただける料理は、新鮮な魚をダイナミックに味わえる漁師料理だと聞いて期待も高まります。旨い魚を知り尽くした漁師さんが、どんな食べ方をしているのか本当に楽しみ。その日の仕入れ内容がわかってから板前さんが作るという手書きメニューを眺めると、魚の水揚げ地までしっかりと明記されています。これは安心だ。
今回は店長オススメの4品をオーダーすることに。


【大漁盛合せ】1980円
お造り盛り合わせ
旬のお魚や海鮮をどっさり味わえる前菜や刺身の盛り合わせ。お魚はその日の仕入れや季節によって変わります。この日は、ハモ、帆立貝、うるめ鯛、中トロ、甘エビの5品。中でも中トロは、醤油につけるとパーッと脂が溶け出して醤油の表面がキラキラに。脂がのって新鮮な証です。ちょっとした箸休めの一品も付いているので、これだけでお酒がドンドン進みます。3〜4人でひとつオーダーするのがちょうどよいぐらいのボリュームです。

【前菜「まいわい盆」】380円
まいわい盆
酒の肴にピッタリの日替わり前菜3品セット。内容は日替わりで板前さんの高い技術を気軽に楽しめる一品。常連さんはこれだけでお酒をドンドン飲んじゃうんだそうです。この日は、「蒸しあなご」と、醤油ダレに漬け込んで焼き上げた「クチミ鯛の若狭焼」、干した大根を醤油につけ込み、シャキシャキした食感が楽しい「大根のハリハリ漬」の3品。板前さんのセンスいいなぁ、と感心するばかり。

【メバルの煮付け】980円
メバルの煮つけ
『漁村まいわい』では、その日に各漁港に水揚げされた新鮮な魚が、昼頃にはお店に届けられるシステム。そのため、『漁村 まいわい』では板前さんは届く魚に合わせてメニューを決め、その日の仕入れ値段から各メニューの価格を決めるのだそう。特に煮付けは、どんな煮付けがメニューに並ぶかは、その日に届く魚次第だといいます。
取材した日はメバルの煮付けでした。見た目以上にあっさりした煮付けダレなので、ホクホクした食感の身から魚の旨みがジュワッと染みてきてめっちゃウマイ! 添えられたゴボウと豆腐も、タレが染みて超美味!

【一夜干】780円
一夜干
こちらは板前さんが仕込んだ自家製の一夜干し。5種類の一夜干しが780円とは安い! 干物の種類は日替わりで、この日はカマス、シログチ、イトヨリ、鯛、スズキというなんとも豪華な一夜干しがズラリ。この干物は、それぞれが串に刺さっていて、七輪を使ってクルクル回しながらお客様自身で焼き上げるシステム。
一夜干
これがなかなか楽しい。お酒をチビチビ飲みながら、魚をクルクル回して焼けるのを待つ…なんかほっこりします。
焼き上がったらそのまま食べるのも美味しいですが、ポン酢をダシで割った“割ポン”で食べると、また違った美味しさが感じられます。

『漁村 まいわい』の入口横には、大きなかまどがあります。
釜
これは飾りではなくて、このお店の名物「鯛かまどめし」(3〜4人前、1280円)を炊くためのかまど。鯛の旨みとかまどで炊くことで生まれるおこげ……完全に別腹です。注文から30分かかるので、早めに注文してくださいね。
鯛かまどめし


今回はお店のご好意で特別にクーポンもご用意しました!
 
おはてんグルメブログオンラインクーポン

このクーポン片手に『漁村 まいわい』で新鮮な魚を存分に味わって!

がんこ曽根崎本店はこちら>>



曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

大衆酒場松屋

夜の賑わいとは打って変わって、昼間は比較的静かなお初天神通り商店街。今回は、はじめての午前中取材。年期を感じさせる佇まいの「大衆酒場 松屋」におうかがいしました。


松屋.jpg【営業時間】(1F)午前9時〜午前0時
       (2F)午後6時〜午前0時
 【定休日】無休
 【電 話】06-6361-4708
 【住 所】大阪市北区曾根崎2-13-20
 【H P】大衆酒場松屋HP






のれんをくぐると、調理場を囲むようにぐるりとカウンターがあり、お店の人と客が向き合って、お互いの動きや表情を確かめながらコミュニケーションできるような形になっている。しかも、カウンターの上には、たくさんの大皿料理がズラリ。それを眺めるだけでもお酒が飲めそうな気分になるから不思議。そして、壁一面にはなんとも味わいのある文字で書かれたご主人直筆のメニューがびっしりと並び、その数なんと100種類以上。昭和にタイムスリップしたような空間は、まさに「大衆酒場」の名にふさわしい空間かもしれない。そんな「大衆酒場 松屋」は、この地でお店を営んで間もなく50年になるという。「これからも商店街がどんどん賑やかになればエエなぁ」とご主人。

実は「松屋」の朝は早く、なんと朝9時からの営業! 鉄道や警察、郵便関係など、夜勤明けのお客さんで大いに賑わう。しかも、ほとんどのメニューが300円から500円の間に設定されており、「ビールとお造りの他に料理を1〜2品注文して、サッと飲んで食べて、サッと店を出るというスマートなお客さんが多いね」とご主人。また、最近は女性の一人客も多いのだとか。
今回は、常連さんの気分でご主人にメニューをお任せして、おすすめの料理をお願いすることに。

【お造り盛り合わせ】1,000円
刺身盛り合わせ
ご主人自らが、毎朝市場に足を運んで目利きしてきた魚たちが登場する。お造りは「松屋」の看板メニューと言えるだろう。盛り合わせは、ご主人が選んだおすすめの魚たちが一皿で味わえると人気だ。取材当日はトビウオ、ヒラメ、カンパチ、たこ、クジラの5品。
脂が乗っていて、醤油に少しつけると新鮮な脂で醤油の表面がキラキラと光る。ちなみに10月はヒラメ、アジ、クジラ、剣先イカ、サバなどが旨い時期なのだという。

【赤ウインナー】350円
赤ウインナー
赤いウインナーを素揚げしただけのシンプルな一品。ご主人も「なんでこれが人気あるのかわからん」とおっしゃるぐらい、初めてのお客さんも常連さんも関係なく、ほとんどのお客さんが注文するというから驚きだ。
でも、食べてみればわかるのだが、人気メニューだというのも頷ける。一口ほおばるとなんとも懐かしい味わいで、その上お酒ともマッチする絶妙の塩加減なのだ。ぜひ味わってもらいたい。

【どて焼き】350円
どて焼き
大阪以外の人は“大阪=どて焼き”のイメージがあるみたいやね」とご主人。初めて「松屋」を訪れるお客さんの注文率が高い一品。甘めの味噌で煮込まれて柔らかくなったホルモンは、ビールにも日本酒にも相性抜群。でも、思った以上にあっさりした味に仕上がっているから、とても食べやすい。一味のピリ辛が、良いアクセントになっています。
実は「常連さんはあんまり注文しはらへんねんなぁ」とご主人。なぜ注文しないのか、謎ですね…ウマイのになぁ。

【ポテトサラダ】400円
ポテトサラダ
しっかりとした味付けなのに、しつこくないポテトサラダ。何か作り方に秘密があるのか、ご主人に聞いてみると「最初から全部手作りやねぇ」との答え。最近の居酒屋は出来合いのものをそのまま出したり、出来合いのものにお店で何かを加えて出している店が多いのだそう。「松屋」はポテトサラダに限らず、すべてのメニューが全部手作り。だから食べ飽きないんです。ところどころで感じるジャガイモの食感が、良いアクセントになっている。ビールとも案外マッチするから不思議ですね。

【串カツ】350円
串カツ
サクッと揚げられた串カツ。一口で食べるのに苦労するほどの大きな串カツが、3本で350円とはなんともリーズナブル。熱いうちにハフハフ言いながらビールと味わうのが吉。脂のおいしさが口の中に広がる感じを楽しみながら味わって。

常連さんになると、何も注文しなくてもいつも頼む一品が出たり、おすすめのお造りが出たりするようになるという。「いつも来る人は、どの料理を注文するかを考えるのが面倒らしいから」とご主人。その域まで到達したら、「松屋」の常連になれたということかもしれない。

実は2階と3階があり、2階には常連さんが多いという小さなカウンター席とテーブル席、3階には団体にも対応できるお座敷になっている。
2F
1階で顔なじみになったら、ぜひ2階や3階も利用してみたい。

大衆酒場 松屋はこちら>>



曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!よろしければクリックお願いしますexclamation×2
ラベル:松屋 お初天神
posted by おはてんグルメブログ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

手羽一郎 お初天神店

暑さのピークが過ぎたように感じるお初天神通り商店街。「おはてんグルメブログ」もついに二桁の10回目を迎えることができました。今後も、お初天神通商店街ウマイ店々をご紹介していきますので、ご期待ください!
今回は名古屋の名物、手羽先唐揚げが人気の「手羽一郎 お初天神店」におじゃましました。


手羽一郎 お初天神店【営業時間】(月〜木)午後5時〜午前0時
        (金・土・祝前)午後5時〜午前2時
        (日・祝)午後5時〜午後11時
 【定休日】無休
 【電 話】06-6130-0121
 【住 所】大阪市北区曽根崎2-8-13
      がんこ曽根崎本店B1
 【H P】http://www.kitanokazoku.jp/tebaichiro/


階段を下りて入口の扉を開くと、店内にはレトロなポスターが貼られ、“昭和”の雰囲気が漂います。
手羽一郎店内
手羽一郎は“究極の手羽先唐揚げ”が人気の居酒屋。そのおいしさとリーズナブルな価格で、18時を過ぎるとすぐに店内が埋まり始めるほどの人気です。
今回は、人気の「究極の手羽先唐揚げ」「手羽先ブラザーズ」「名物!ジャンボ焼串」「お気軽コース」を注文しました。

【究極の手羽先唐揚げ】399円
究極の手羽先唐揚げ
オリジナルの甘辛タレに漬け込まれた手羽先をカラリと揚げた手羽先唐揚げは、5本で399円というリーズナブルな価格設定! 表面にはゴマとスパイスがタップリです。
手羽先
このスパイスは、コショウに山椒などをブレンドしたオリジナルスパイスなのだとか。
さっそく一口かぶりつくと、甘辛タレの旨みと鶏肉の旨み、さらにはスパイスも加わって、口の中は幸せいっぱい。「お店に来て注文しない人はまずいません」と店長がおっしゃるのも納得の一品です。この手羽先唐揚げとビールだけを注文するお客様もいるとか。
ちなみに超スパイシーな「激辛手羽先唐揚げ」もあり、こちらは3本399円で販売中。旨さと辛さゆえに、さらにビールが手放せない一品です。

あと、忘れてはいけないのが、席についてお通しとして出されるキャベツ。
お通しのキャベツ
特製のニンニク醤油を使っていて、実は隠れた人気商品の一つなのだそう。このタレが注目なんです。「このキャベツに掛かってるタレだけ売ってほしい」というお客様もいるほど、キャベツとの相性が抜群。「申しわけありません。キャベツダレのみの販売はしていないんです」と店長。お通しのキャベツはおかわり自由なので、お店で存分に味わって!

【手羽先ブラザーズ】609円
手羽先ブラザーズ
実は『手羽一郎』にはさまざまな種類の手羽先唐揚げがあり、1本84円〜で楽しめます。それらを1本ずつ全種類楽しめるのが、この『手羽先ブラザーズ』。種類はスパイシー、ホットチリペッパー、ハーブ塩、スパイシーカレー、ガーリック、胡麻、甘辛タレの7種類。しかも7本で609円という値段には、驚かされます。
女性にはハーブ塩や甘辛タレが人気です。店長におすすめの種類を聞いてみると、「どれもおいしいんですが、やはり定番のスパイシーが食べ飽きないし一番ウマイと思います」とのこと。ぜひ全種類制覇目指して注文してくださいね。

【名物!ジャンボ焼き鳥】294円(1本)
名物!ジャンボ焼鳥
まずは机に届いた時のそのインパクトがスゴイ。全長24cmというそのサイズは思った以上にデカイです。さらに「塩」「スパイス」「タレ」の3種類から味が選べるというのも、焼き鳥好きにはたまらない。
ジャンボ焼鳥
今回は一番人気の「タレ」をセレクトしたのですが、手羽先唐揚げに使っているオリジナルブレンドのスパイスを使っている「スパイス」味も、かなりおすすめです。

【お気軽コース】2,480円(2名〜、飲み放題付き)
白ちり鍋
このコース、そのリーズナブル具合がスゴイ。鶏皮ポン酢、チーズいっぱいシーザーサラダ、自家製つくねと鶏皮串、究極の手羽先唐揚げ、メイン鍋という5品の料理に加えて、飲み放題がついて2,480円! しかも鍋は超あっさりの「白ちり鍋」か味噌ベースの「赤ちり鍋」が選べるというおまけ付き。2名でも大人数の宴会でも、この価格はうれしい限り。
今回は「白ちり鍋」をセレクトして早速いただくことに。
白ちりとり鍋
ニラ、モヤシ、玉ねぎ、キムチ、そして鶏肉という素材をシンプルなダシで煮込むこの鍋。あっさりダシにキムチが効いてイイ感じ。手羽先唐揚げを食べたあとの口の中の甘さや油が、きれいに洗い流される感じで口の中もさっぱり。
白ちり鍋

シメはオプションになりますが、うどんなども用意されているので、大満足間違いなし。
白ちり鍋

しかも、プラス300円の2,780円で鍋が食べ放題に。「飲むよりも、お腹いっぱい食べたい!」という方には、1,280円で料理のみもOKという嬉しい配慮も。

店名にある通り、ぜひ手羽先唐揚げを味わってください。お客様の中には、一人で15本以上食べる人もいるそうなので、何本食べられるかチャレンジしてみるのも楽しいかもしれません。
また、「シメの一品はやっぱりデザート!」という方もご安心を。
一郎とろ〜りプリン
人気の一郎とろ〜りプリンは、こだわりの厳選素材を使って399円。甘さが口の中でとろける感じがたまりません。

最後に、手羽先唐揚げを簡単かつキレイに食べる食べ方があるのです。知りたい方はぜひスタッフに一声かけてみてください。親切なスタッフが親切に教えてくれますよ。




手羽一郎お初天神店はこちら>>



曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

河童

お初天神通り商店街も、うちわや扇子で扇ぎながら歩いている人が増えてきました。
「おはてんグルメブログ」も9回目。今回は商店街のほぼ中央に位置する曾根崎センタービルの地下1階にある「河童」におうかがいしました。

河童
 【営業時間】午後4時〜午後11時半ごろ
 【定休日】第1・3日曜日(12月は無休)
 【電 話】06-6314-0246
 【住 所】大阪市北区曽根崎2-10-15 曽根崎センタービルB1
 【H P】http://www.kappa.kansai.walkerplus.com/


曾根崎センタービルの地下へ続く細い階段を下りると、降りる途中からもう香ばしい肉の香りが…。
もともと洋食のコックだったというマスターが「河童」を始めて34年。今では、焼肉の老舗として様々な雑誌に取り上げられたり、テレビの取材を受けたりと、その趣はすでに名店の貫禄が漂います。
このお店は他の店と食べる順番が違うといいます。
普通の焼肉店は「あっさりした塩タン→タレ系の肉→ホルモン」という流れで食べると思いますが、「河童」は違います。
まずは、名物の「てっちゃん」と「サテバービー」を食し、そのあと好きなタレ系の肉を食べて、最後に塩タンでシメ。
その理由は後で説明するとして、「てっちゃん」「サテバービー」「生キモ」「カルピ」「タン塩」を注文して、順番に味わうことにしました。

【河童串焼き サテバービー】1,400円
【河童串焼き サテバービー】1,400円
運ばれてきたサテバービーは、確かに見た目はエスニック料理のサテに似ています。
しかし、サテが基本的に豚肉なのに対し、「河童」のサテバービーはもちろん牛肉。
このメニューに限らず、お店のスタッフの方が焼き方を丁寧に教えてくれます。
サテバービーは、鉄板で、肉の周囲に付けてある味噌ダレを鉄板にひっつけて剥がさないように焼くのがポイント。
河童 サテバービー
そのためにマメにひっくり返すのですが、その時、上に持ち上げると味噌がはがれてしまうので、鉄板にひっつけたまま串を押すようにしてひっくり返すのがコツ。
じっくり焼いて、表面から肉の脂が気泡のようにプツプツしてきたら焼き上がりの合図です。
河童 サテバービー
くれぐれも焦らずに、よく火を通すことが美味しく食べる秘訣です。
食べてみると、何とも言えない味噌の風味、エスニックの風味と、香ばしさ、肉の旨みが渾然一体となって口の中に広がります。
お肉は柔らかいのに香ばしくて、しかもジューシー! ビールがドンドン進みます。
河童 サテバービー

【河童名物 幻の味「てっちゃん」】800円
 【河童名物 幻の味「てっちゃん」】800円
こちらは、サテバービーと並ぶ「河童」の名物。いや、こちらの方が有名かもしれないですね。
てっちゃんも焼き方をスタッフの方が丁寧に教えてくれます。
焼き方のポイントは、マスターの言葉を借りると「弱火でじっくり焼いてや。焼けるまで10分かかるで。
てっちゃんを鉄板にのせたら、ハイ!スタート。
河童 てっちゃん
鉄板は場所によって火の強さが違うから、ひたすら手を休めずにひっくり返しながら移動させてや。
持った瞬間プルプルせずにしっかりした固さになったら出来上がり」だそうです。
河童 てっちゃん
焼き上がりを一口食べると、今まで食べてきたてっちゃんとは全然違う! あえて“幻の味”と名付けていることに納得。安い焼肉屋にありがちなゴムのような食感は一切無く、噛めば噛むほど肉の中から美味しいジュースが出てくる感じ。
こんなに美味しいてっちゃんが食べられるんだから、マスターの教えを守って丁寧にじっくり焼く価値ありですよ!
ちなみにてっちゃんはビールにも合うけど、ご飯にも超マッチすると思います。

【生キモ】850円
河童 生キモ
生キモというと、スライスした生キモが出てきて、塩がタップリ入ったごま油に付けて食べるのが一般的だと思います。
でも、ここの生キモは全く違って、生キモはサイコロ大のブロック状で、特製タレに浸かった状態でテーブルに運ばれてきます。
しかも鉄製の器はキンキンに冷えています。
さらに驚かされるのが、キモ独特の血生臭さ、これが一切ないこと。
これはマスターがキモの外側だけではなく、肝臓内部の血管までキレイに掃除しているからだそうです。
キモ内部までキレイに掃除しつつブロック状で出すのは、かなりの知識と経験が必要なのだそう。
口に運ぶと、生臭さは一切無くて、キモのトロけるような食感と、タレとキモの旨みのハーモニーがジュワッと出てきます。
河童 生キモ
この独特の旨みを少しでも長い時間楽しめるように器をキンキンに冷やしているのだそう。
あの塩ごま油に慣れている人は、あっさりしているのに生キモのおいしさが存分に味わえることに驚くはずです。

【骨付きカルピ】1,800円
【骨付きカルピ】1,800円
骨付きカルピは、運ばれてきた時、1センチはあろうかという厚さにまず驚きます。
そして、タレに浸かった状態で運ばれてきます。
何でこんなにタレが多いんだろう?と思うでしょうが、この秘密は後ほど…。
骨を鉄板の中央側に向けて、てっちゃんよりもさらに弱火でじっくり焼きましょう。
河童 骨付きカルビ
その方が美味しく焼き上がります。
絶品焼肉には、“忍耐”が必要なのです(笑)。
そして、片面が焼けるたびに、肉が運ばれてきた時のあのタレの中にダイビングさせましょう!これで味が染みるのはもちろん、香ばしさもアップします。
2〜3度つけ焼きしたら、カルピの骨の中央の黒っぽい部分が凹んでくるので、そうなると焼き上がり。
骨付きカルビ
マスターいわく、一番美味しいのは骨の周囲の肉だそうです。きちんと焼いていれば、骨からスッと外れるのだそう。
ジューシーな脂と柔らかい身から染み出る肉の旨みとタレのフルーティな甘みに、思わず白ご飯の上でトントンッってして食べたくなります。
河童 骨付きカルビ

【タン塩】2,000円
【タン塩】2,000円
こちらも運ばれてきた時、その厚さに驚きます。もちろん焼く時は、スタッフの方が焼き方を丁寧に教えてくれますよ。
まずは、肉の片面に塩とコショウがふられているので、そちらの面を下にして、まずはしっかり焼きます。
タン塩
そして、しっかり焼けたら裏返して、裏面は5秒ほど焼いたら出来上がり!レモン汁でいただきましょう。
河童 タン塩
今までの濃いタレの味わいがキレイに消え、塩とコショウ、それにレモンとタンの旨みが口の中いっぱいに広がっていると思います。
そのおいしさをじっくりと堪能してください。
「最初に食べるはずの塩系を最後に食べるの?」と驚く方も多いと思います。
でも、シメに塩系の肉をいただくのが「河童」流で、これにはちゃんと理由があります。
「河童」では、塩系の肉をレモンでいただくのですが、ここの塩系の肉をレモンで食べて水を飲むと、あら不思議!それまで食べていた濃いタレの甘さや肉の脂が一気にスッと無くなり、口の中から脂っこさが全然無くなるのです。
ぜひ一度この順番で「河童」の焼肉を楽しんでみてください。

また、お店ではタレ系→塩系の順で焼きます。そのため塩系の肉を焼く時には、必ずたれがいっぱい付いた鉄板の状態をマスターが素手で新しい鉄板に交換してくれます。
熱い鉄板を素手で交換ですよ、素手で!
一見の価値ありです。

ここの焼肉は「別次元のおいしさ」という表現がピッタリです。
今まで食べていた焼き肉とは、ボリュームもおいしさも桁違い。
でも、それに奢ることなく、お客さんに気軽に声をかけて、焼き方をアドバイスしてくれるスタッフの皆さんの姿があります。
そこには「スタッフとお客さんが協力し合って、おいしい焼き肉を食べて欲しい」というやさしさが感じられました。

河童はこちら>>



曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

阿み彦梅田店

お初天神通り商店街も暑さが増してきました。

8回目の「おはてんグルメブログ」はお初天神のすぐ隣にある「阿み彦 梅田店」へ。

全国でも珍しい“しゅうまい”が看板メニューのお店です。


阿み彦梅田店 阿み彦梅田店
 【営業時間】(平日)午前11時〜午後9時半
       (日祝)午前11時〜午後8時半
 【定休日】無休
 【電 話】06-6311-8194
 【住 所】大阪市北区曽根崎2-5-20 お初天神ビル1F
 【H P】http://www.ohatendori.com/46/阿み彦-梅田店


緑色ののれんが目印の「阿み彦」は、お初天神のすぐ隣のビルの1階にあります。昔は店舗がお初天神の敷地内にあったそうですから、お初天神にゆかりの深いお店と言えるかもしれません。

明治9年に創業した「阿み彦」は、鰻の名店「阿み彦」からのれん分けされたお店だそうです。
しかも、創業当時はしゅうまいではなく寿司割烹のお店だったとか。
しかしながら、戦後の混乱期に寿司の材料となるお米の調達が困難となったこともあり、焼きしゅうまいのお店に業態変更したそうです。
現在、しゅうまいを看板メニューに掲げてお店を営業しているのは、関西では「阿み彦」だけだそうです。

早速、名物の焼きしゅうまいを注文しようと思ったら、「こっちの方が得やからこっちにしとき〜」と、店の大将に言われたので「名物オリジナルしゅうまい」と、おすすめされた「バラエティセット」のを2種類注文することに。

【名物オリジナルしゅうまい】609円
オリジナルしゅうまい

名物のオリジナルしゅうまい、実は“焼きしゅうまい”なんです。
通常のしゅうまいは蒸すのですが、ここでは焼きがスタンダード。
具は豚肉、玉ねぎ、ショウガの3種類に調味料のみ。
昭和21年に売り出した当時のままのレシピを守っているそうです。

そして、少し厚めの皮で包むのですが、この包み方が珍しい。
通常のしゅうまいは具を皮で包む感覚ですが、こちらでは具を寿司を握るように握り込みます。
これは、しゅうまい店にする前の寿司割烹時代の名残だとか。

そして、一度軽く蒸してから、いよいよしゅうまいを焼きます!ラードで焼き上げることでコクのある味わいになります。
焼き色が付くまで焼いてできあがり!

まずは1個、何も付けずにいただいてみましょう。
ラードの甘みと豚肉の甘さ、そして少し厚めでモチモチの食感の皮。
しゅうまい
この3つが何ともいえないハーモニーを奏でます。

しゅうまいのタレもオリジナル。
たまり醤油に酢、そして隠し味に柚子!柚子の香りと爽やかな酸味が、ラードと豚肉の甘さと皮のモチモチ感をさらに引き立てます。
阿み彦のしゅうまい

あと気になるものがもう一品。
しゅうまいを注文すると、一緒に小さなどんぶりで出てくる白いスープ。

実はこれ、豚骨のスープなのです。
豚骨スープ

しゅうまい店の開店当時、廃棄物となるはずの豚骨を炊いてスープにしたのが始まりだそうです。
九州から豚骨ラーメンが関西に上陸するまで、関西唯一の豚骨スープが飲める店だったとか。

実際に飲んでみると、見た目以上にあっさりした味わい。
でも、豚骨の旨みというかエキスというか何とも言えないおいしさが胃に染み渡ります。
昔は、これを水代わりに飲んでもらうために出していたそう。
今はもちろんお水も出してくれますので、ご安心を。

通は焼きしゅうまいをこのスープに浸して、皮が柔らかくなったところで食べるのだそうです。
全く違うおいしさが広がります。ぜひお試しを。

【バラエティセット】802円
バラエティセット
オリジナルしゅうまい4個、一口しゅうまい1個、エビしゅうまい1個、豚まん1個にスープが付いたセット。
これは「いろいろな種類のしゅうまいを楽しんで欲しい」というお店の思いがセットの形になったものだといいます。
一口しゅうまいとエビしゅうまいは、蒸ししゅうまいですが、具に30種類以上の材料を使用しています。
海老しゅうまい
もちろんしゅうまいごとに具の中身は異なり、試行錯誤を重ねながら具材の旨みを最大限に発揮できるバランスに仕上げたのだそう。
これを食べると、思った以上にお腹いっぱいになります。
豚まん

こちらのお店は焼きしゅうまいであることも有名なのですが、もう一つ、あの作家・池波正太郎が長年通っていたことでも有名です。
彼自身が執筆したグルメエッセイで紹介していたほどですから、かなり気に入っていたのでしょう。
そんなこともあって、お客様は年配の方が多く、土曜日や日曜日が比較的混雑するそうです。

また、お持ち帰りも人気で、飲んだ帰りに1人前買う人はもちろん、旅のおみやげとして一度に10人前購入されるお客様もいるとか。
もちろん、美味しく食べられる作り方の説明書がもらえるので、家でもお店そのままの味を楽しめます。

お店で味わっても良し、お持ち帰りで味わっても良し、“焼きしゅうまい”で新しい“美味”を体験してみてください。

阿み彦梅田店はこちら>>



曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

かに道楽 梅田店

お初天神通り商店街にも夏の暑さが到来しようとしています。7回目を迎えた「おはてんグルメブログ」が今回おうかがいするのは、「♪とーれとっれ、ぴぃーちぴっち、カニ料理」のテーマソングでおなじみの「かに道楽 梅田店」です。

かに道楽 梅田店 かに道楽 梅田店
 【営業時間】平日 午前11時〜午後11時(L.o 午後10時
 【定休日】無休
 【電 話】06-6366-5575
 【住 所】大阪市北区曽根崎2-15-20 スイングうめだビル8F
 【H P】http://www.douraku.co.jp/kansai/shop/umeda.html

お初天神商店街の入口付近にあるビルを8階まで上がります。8階に到着してエレベーターのドアが開くと目の前にはいけすがあり、中には生きたカニがたくさん! 思わずいけすをのぞき込んでカニを観察してしまいます。
カニを見るだけでテンションが上がるのはナゼでしょう(笑)
店内にはテーブル席はもちろんのこと、お座敷の個室もスタンバイ。カップルや家族、仕事の接待から同窓会、家族の記念日の集まりまで、様々な層のお客様で連日賑わっています。
今回は、カニのおいしさを心ゆくまで堪能できる、会席コース「華の舞」とカニすきコース「雅」の2つのコースを注文することに。

料理が運ばれてくるまでにお店の方におうかがいしたのは、「なぜ一年中カニが食べられるのか?」という疑問について。
かに道楽ではほとんどの料理に使われるカニが、ロシア近海などで獲れた冷凍物なのだそう。ただし「冷凍だから生のカニよりもおいしくない」という先入観は大間違いで、実はカニには養殖技術が無く、今食べられているすべてのカニは天然物なのだそう。養殖技術がない分、冷凍技術が非常に進化していて、かに道楽では、漁船に“かにのプロ”ともいえるカニの善し悪しを判別できるスタッフを乗せて、獲れた瞬間においしいカニと身が細かったりするいわゆる“おいしくないカニ”を見分け、おいしいカニだけを漁船の中でマイナス60度に瞬間冷凍。鮮度を保った上で日本にあるかに道楽の店舗まで運んでいるのだそう。


【会席コース「華の舞」】5,000円
会席コース「花の舞」5,000円
・前菜
・かに酢
・かに造り
・かに茶碗蒸し
・焼きかに
・かにグラタン
・かに天麩羅
・かに釜飯
・香の物
・吸物
・季節のフルーツ
(全11品)
全11品のほとんどすべての料理にカニが使われた、まさに“かにづくし”という言葉がふさわしい会席コース「華の舞」。
カニだけでこんなにも味のバリエーションができるのかと思うぐらい、すべての料理がさまざまな形でカニ本来の旨みを表現しているのが面白い。中でも特筆すべき料理は、かに造りとかに釜飯の二つ。
まず、かに造り。
これが身がギッシリ詰まって超甘い!海の潮味とカニの甘みのハーモニーは最強です。あのチュルッとした食感ももちろん健在ですし、冷凍なんて関係ありません。まずはたまり醤油を付けずに食べて、カニの身が持つ甘みをじっくりと味わいましょう。
かに造り

次に、かに釜飯。
かに釜めし
こちらも超ウマイ。目の前で炊きあげてくれるのですが、炊いてる最中の香りがもうたまらない。ご飯が炊ける香り+かにが蒸し焼きになっていく時の香り=満腹でも別腹状態発動です。そして、炊きあがったら蒸し焼きになっているカニの身をほぐしてご飯に戻して混ぜる!混ぜる!混ぜる!
かに釜めし
カニの香りの湯気で、食欲もさらにアップします。もちろんおこげもちゃんとできています。おこげの香ばしさとカニのダシがきいた釜飯は最高ですよ!
かに釜めし

【かにすきコース「雅(みやび)」】6,000円
かにすきコース「雅(みやび)」6,000円
・前菜
・かに酢
・かに造り
・かに茶碗蒸し
・かにすき
・雑炊
・香の物
・季節のフルーツ
(全8品)
全8品のかにすきコース「雅(みやび)」。こちらも全8品の料理それぞれにカニが使われた贅沢なコースです。
このコースでピックアップすべきは、やはり「かにすき」でしょう。
中でもぜひチェックして欲しいのが「鍋」。カニじゃなくて鍋なの?と思いますが、カニをモチーフにして作られた鍋は、かに道楽オリジナルの鍋だそうです。
素材は真鍮と洋銀で、見た感じ以上に重量感があります。この鍋のおかげで中のダシが冷めにくくなり、熱々のかにすきを最後まで食べられるのです。
かにすき
そしてかにすきでたくさんカニを食べたあとは、お待ちかねの雑炊です。実は、かにすきの本命は雑炊かもしれません。これもスタッフの方が作ってくれるのですが、これが絶品です!
雑炊
かにすきのダシにご飯と玉子を入れるだけなのですが、玉子の半熟具合といい、ご飯との絡み具合といい、これぞまさに雑炊作りのプロ!と呼べるほどの手際とおいしさなのです。
この雑炊、玉子をまとったご飯が、凝縮したカニの甘みと旨みが効いたダシを十分に吸収しています。
雑炊

玉子のトロトロ具合と塩加減の絶妙さ、そしてカニの旨みに思わず「おかわり!」となります。
雑炊
自宅で「鍋のあとは雑炊派!」という人は、その作り方をじっくり観察しておけば、絶品雑炊のヒントを発見できるかもしれませんよ!?


また、かに道楽では、鍋の最初や雑炊作りなどをスタッフの方がやってくれます。他にもお願いすれば食べ頃や上手な食べ方も教えてくれる、まさに“カニのプロ”です。わからないことがあれば、何でも気軽に聞いてみましょう。丁寧に教えてくれますよ。

≫かに道楽梅田店はこちら



曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

浪花ひとくち餃子 餃々(チャオチャオ) お初天神店

お初天神通り商店街のグルメを紹介する「おはてんグルメブログ」。6回目となる今回はサラリーマンやカップルで常ににぎわう人気店「浪花ひとくち餃子 餃々(チャオチャオ」におうかがいしました。 chaochao.jpg 浪花ひとくち餃子 餃々(チャオチャオ) お初天神店  【営業時間】平日 午後4時〜午前0時半          土・日・祝 午後12時〜午前0時半  【定休日】無休  【電 話】06-6361-6625  【住 所】大阪市北区曽根崎2-8-12 トーエイ北ビル1F  【H P】http://www.gyozaya.com/index.html カウンター15席程度の店内は、餃子が焼ける音とスーツ姿のサラリーマンやカップルの熱気で満ちあふれています。 「100年に一度の不況」といわれる昨今。しかしながら、気軽にビールと餃子が楽しめる「浪花ひとくち餃子 餃々」は午後6時を過ぎるとほどなく満席という大盛況。 チャオチャオ店内 しかも午後10時すぎから終電時間までは、常に満席の状況で賑わっているのだそうです。スゴイ! 今回は看板メニューの「チャオチャオ餃子」をはじめとした定番メニューと、変わり餃子を一気に注文することに。まさに「餃々」を味わい尽くす取材となりました! 【チャオチャオ餃子(2枚)】600円 チャオチャオ餃子(2枚) 言わずと知れたお店の看板メニュー。国産豚肉と減農薬野菜で作られた具が、極薄の皮で大切に包まれています。 極薄皮が生み出すパリッとした食感とあふれ出るジューシーな肉汁がたまりません! そして焼きの途中に投入される白い“焼き水”によって生まれる周囲の“羽根”が、パリパリ感をさらにアップさせます。 目の前に運ばれてきたら、すかさず熱々のうちに味わいましょう! チャオチャオ餃子 そして、一口目は何もつけずにそのまま味わうのが通。それ以降はお好みで自家製の醤油や味噌ダレで様々なおいしさのバリエーションを堪能したい。 また、その名の通り“一口”で食べられてしまうので、3個ぐらいを豪快に口の中に放り込んでジューシー感を堪能するのも味わい方のひとつ。男性なら3人前ぐらいは楽勝でイケちゃいます。 【プリプリ海老餃子】480円 プリプリ海老餃子 口に入れた瞬間、海老のプリプリの食感と口の中いっぱいに広がる海老の旨みに「!!!」となる人多数。 思ったより海老がデカいんです。そのため海の香りが口いっぱいに広がって、食欲をさらにアップさせてくれます。一緒に出される「柚子塩」を少しつけてほおばると、柚子の香りとともに海老の旨みがさらに引き立ちます。 プリプリ海老餃子 看板メニューのチャオチャオ餃子に続く2番人気というのも頷けるおいしさ。少しモチッとした皮も海老餃子専用のオリジナルです。 【つるつる水餃子】450円 つるつる水餃子 超あっさりのダシの中で泳ぐ水餃子は、まさしく「ツルッ」と口の中に飛び込んきます! 半透明の皮は、特別の配合で作られた水餃子専用の皮だそう。ダシがあっさりしている分、具のおいしさが引き出されて絶品です。 つるつる水餃子 何もつけずにいただくのがオススメです。 【葱塩餃子】390円 葱塩餃子 餃子が見えなくなるくらいに盛られたネギのトッピングが圧巻です。食感と香りが最高な白ネギと、食欲をそそるビジュアル&甘さを演出する青ネギのバランスも絶妙。ネギの甘さと塩だれが織りなすハーモニーは、ビールがドンドンすすみます!  葱塩餃子 何もつけずにそのまま味わって。 【湯葉チーズ餃子】450円 湯葉チーズ餃子 餃子の具を湯葉で包んで上からピッツアチーズをタップリ掛けて焼き上げる…絶対おいしいに決まってるこのコラボ!  チーズの濃厚な味わいと乾燥パセリの香りという洋風の素材が、餃子の具と絶妙のマッチング! 湯葉チーズ餃子 カップルなど若い人に大人気の一品だそう。 【手羽餃子】450円 手羽餃子 外はパリパリ、中はジューシーな手羽先唐揚げの中に餃子の具が! 一口食べるとそのインパクトに驚きますが、食べ進むとそのおいしさに再び驚きます。鶏肉の肉汁が餃子の具に染み込んでなんとも旨い。唐揚げと餃子というビールに合う二大料理が合体した一品だけにビールもグイグイすすみます。 また、ビール(中)とチャオチャオ餃子2枚、キュウリorキムチorもやし1皿で1,200円の「お気軽セット」やビール(中)と「お気軽セット」にプリプリ海老餃子orつるつる水餃子1皿をプラスして1,600円の「満足セット」が、サラリーマンやカップルに大人気なのだとか。 「とりあえずビールで!」も、「浪花ひとくち餃子 餃々」では「とりあえずお気軽セットで!」なのです。 ≫餃々(チャオチャオ)お初天神店はこちら
曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP
にほんブログ村 グルメブログへ ↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2 人気ブログランキングへ ↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

名物元祖とん平焼 本とん平

「おはてんグルメブログ」も5回目となりました。世の中は不景気ですが、お初天神商店街にはいつもと変わらぬ賑わいや活気があります。
今回おうかがいしたお店は、今では日本中ですっかりおなじみのメニュー、とん平焼の元祖「名物元祖とん平焼 本とん平」です。

本とん平.jpg 名物元祖とん平焼 本とん平
 【営業時間】午後12時〜午前1時
 【定休日】無休
 【電 話】06-6311-2395
 【住 所】大阪市北区曽根崎2-13-19
 【H P】http://www.ohatendori.com/459/名物元祖とん平焼 本とん平/

のれんをくぐると、店内は鉄板が敷かれたU字型のカウンターのみ。
時代を超えて歴史を感じさせる雰囲気で、ゆっくりとした時間が流れています。
店内.jpg

店名の通り名物は「とん平焼」。
今ではすっかり日本中の居酒屋の定番メニューですが、このメニューの発祥がこの「本とん平」だって知ってましたか?

 先代のご主人が夫婦で始めて60年、今は娘さんが60年前と変わらぬ味を守っておられます。
メニューは、具材やトッピングによっていくつかのバリエーションがありますが、「とん平焼」「お好み焼き」「焼そば」の3種類のみ。
今回は、名物のとん平焼(チャップ)はもちろん、一緒にお好み焼き(すじ)、焼そば(豚)、焼そば(イカ)も注文しました。

【とん平焼(チャップ)】800円
豚平焼.jpg
この店が発祥のとん平焼は、60年前とレシピも作り方も全く変わっていません。
とん平焼が生まれたきっかけは、創業したご主人が戦争中にロシア軍の捕虜だった時代にさかのぼります。
ロシア人が似たような料理を食べていたのを見て、日本に戻ってから真似て作ったのが始まりなのだそうです。
実は、とん平焼は牛ロース(1500円)もありますがチャップ(豚ロース)の方がおいしい!
 お店の方も牛ロースのとん平焼を注文するお客さまに「安いけど豚肉の方がおいしいですよ」とオススメするぐらいです。
メニュー.jpg
作り方は、とろろが入ったメリケン粉の生地の上に厚めの黒豚ロース肉をドカッと乗せて、ピリ辛のソースをトロリ。
豚ぺい焼.jpg
そして生地で豚肉をサンドする要領で焼き上げて、最後にとん平焼全体をコーティングするように玉子を纏わせて焼き上がり。

フィニッシュにケチャップ、マスタード、マヨネーズ、特製ピリ辛ソースをたっぷり掛けて完成です。

味のポイントとなるマヨネーズと特製ピリ辛ソースは、どちらも自家製。中でも特製ピリ辛ソースは「作り方は絶対教えられへんよ」とおっしゃるぐらい秘伝中の秘伝らしく、作り方も60年前と全く同じ作り方とのこと。
口に入れてしばらくしてから、玉子のまろやかさに包まれながら唐辛子の辛さがやってくる具合はまさに絶妙。クセになる辛さです。
豚ぺい焼2.jpg

【お好み焼き(すじ)】800円
お好み焼き.jpg
“懐かしい昭和の味”というフレーズがピッタリなお好み焼き。
実はすじ肉はメニューには出ていない“裏メニュー”。
まかない用に煮込んだすじ肉を常連のお客さまの注文に応じて出しているんだそう。
ほんのり甘めに煮込んだスジ肉は、噛まなくてもとろける柔らかさ。
お好み焼き2.jpg
お好み焼きはピリ辛ソースではなく、甘めのソースをタップリ掛けていただきます。
お好み焼き3.jpg

【焼そば】(豚)700円、(イカ)800円
焼そば.jpg
オリジナルで製麺所に作ってもらっているという太めの麺。
ケチャップ、ウスターソース、そして秘伝の特製ピリ辛ソースを掛けて混ぜながらよく炒めます。「目つぶってても作れるよ」というすばらしいコテさばきは見ごたえ十分。

ほどよく焦げたソースの香ばしい香りが食欲をそそります。

特製ピリ辛ソースのおかげで、昼間っから「生ビール!」が絶対オススメです。
焼そば2.jpg

今や日本中どこでも食べられるとん平焼の元祖が、大阪のお初天神商店街にあることには驚きました。どこか懐かしさを感じる“昭和の空間”で、「元祖とん平焼」の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

≫名物元祖とん平焼 本とん平はこちら



曽根崎お初天神通り商店街公式HP
曽根崎お初天神通り商店街HP


にほんブログ村 グルメブログへ
↑ブログ村に参加しています、お初天神ファンの皆様!よろしければクリック願いますexclamation×2

人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキング参加しています!お初天神を盛り上げるためよろしければクリックお願いしますexclamation×2
posted by おはてんグルメブログ at 11:28| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。